ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    原発


    ダウンロード(1)


    スイスで21日、エネルギー政策の全面的な見直しに関する国民投票が実施され、老朽化した原子炉を段階的に廃止し再生可能エネルギーを推進する政策が支持された。
    『「段階的な切替えで決着!?」スイス…“脱原発”をめぐる国民投票を実施』の続きを読む


    roboarm(1)

    三菱重工業は25日、東京電力福島第1原発の廃炉に向けて開発中のロボットアームを神戸市の工場で報道陣に公開した。

    開発は国の廃炉事業の一環。遠隔操作して、事故で溶け落ちた核燃料(溶融燃料)を砕いて取り出すことを目指している。 【動画あり】

    『「ロボットアーム公開!?」三菱重工…“廃炉”溶融燃料を砕いて取り出す』の続きを読む


    b271cd1f082c8e6d456fa1c159eff285

    世界原子力協会(WNA)は25日、中国が今後10─15年に、米国を抜き世界最大の原子力発電所保有国となる見通しだと明らかにした。

    大気汚染対策として、原子力発電所の建設を急いでいることがその理由という。
    『「大気汚染が原動力!?」中国…今後15年以内に世界一の“原発大国”に』の続きを読む


    15093690957_a2b176854f_z

    現在、欧米ではまだ、太陽光発電の発電コストは、天然ガス火力発電などと比べるとやや割高となっているが、米国立研究所のシミュレーションによると、発電コストは米国においても早ければ2025年頃には、逆転するという試算もでている。
    『「安いに越したこと無い!?」太陽光発電のコスト…原子力発電よりも割安』の続きを読む


    no title
    ▲ティアンジュ原発

    【ブリュッセル時事】ロイター通信によると、仏エネルギー大手エンジーは22日、ベルギー当局の要請を受け、同社が運営するベルギー南部にあるティアンジュ原発(と、北部にあるドエル原発)の大半の作業員を避難させたことを明らかにした。

    原発は稼働中で、稼働に必要な作業員は残しているという。
    『「原発作業員の大半を避難!?」ベルギー…同時テロ受け作業員に避難指示』の続きを読む


    no title

    米フロリダ州のセントルーシー原子力発電所近くでスキューバダイビングをしていた男性が同原発の取水管に吸い込まれたものの、原発敷地内にある池にたどり着いて助かる騒ぎがあったことがこのほど分かった。

    原発の運営企業フロリダ・パワー・アンド・ライトによると、取水管の直径は約4.9メートル、長さは約400メートルで近くの海底まで伸びている。毎分約50万ガロン(約1893キロリットル)の海水を取り込んでいる。
    『「原発取水管に吸い込まれる!?」米ダイバー…敷地内の池で無事に助かる』の続きを読む


    no title

    インドを訪れている安倍総理大臣は日本時間の12日午後、モディ首相と会談し、インド西部の高速鉄道計画に日本の新幹線技術を導入することで合意するとともに、日本の原子力関連技術の輸出が可能となる原子力協定の締結で原則合意しました。
    『「インドに新幹線導入!?」幕開け…安倍首相インドでモディ首相と会談』の続きを読む

    1: のり弁当大盛り ★ 2014/10/31(金) 08:06:13.73 ID:???.net

    no title

     【パリ=三井美奈】フランスで今月、7か所の原発に謎の無人機が接近していたことが分かり、カズヌーブ内相は30日、捜査を開始したと発表した。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1414710373/

    『「原発に謎の無人機が接近!?」フランスの7か所で相次いで発見』の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/03/12(水)04:09:48 ID:pErrFi511
    ★天声人語

    ダサいという言葉はいまどれくらい使われているだろう。辞書をみると、70年
    代に登場したらしい。
    かっこ悪い、やぼったい、田舎くさいといった意味である。当時の若者にとって
    は、いわれたくない悪口の筆頭だったように思う
    ▼この言葉が、去年人気をよんだNHKの「あまちゃん」で使われ、名セリフの
    一つに数えられた。
    主人公アキの親友ユイが、もうアイドルをめざさない、あんなのダサいという。
    それにアキが反論する。「ダサいくらいなんだよ、我慢しろよ!」
    ▼あまちゃんの音楽を担当した大友良英(おおともよしひで)さんは、アキの
    セリフに衝撃を受けたという。
    福島の高校を卒業して東京に出てきた大友青年にとって、ダサいは〈切ないくら
    いの呪縛力を持ったことば〉だった。
    岩波ブックレットの新刊『3・11を心に刻んで 2014』に書いている
    ▼いつか都会には慣れた。ダサいといわれる恐怖を久々に思い出させたのは東日
    本大震災だ。
    かつての自分と、原発に翻弄(ほんろう)されるいまの福島が重なって見えた。
    ダサいという言葉に囚(とら)われる心と、福島に原発がつくられた〈土壌〉は
    一致している、と
    ▼そこに共通するのは都会へのひけめ、あこがれ、そして対抗心も、だろうか。
    だからこそ、大友さんはアキの言葉にはっとし、〈地方と中央の関係を根底からくつがえす原動力〉を見たのかもしれない
    ▼ドラマの中のアキは東京生まれの設定だが、ずっと方言のままだった。東京発の価値観だけにしたがって生きる必要などないのだ。

    朝日新聞デジタル 2014年3月12日(水)付
    http://www.asahi.com/paper/column.html?iref=comtop_pickup_p
    no title
    ※イメージ 『朝日新聞 「ダサいといわれる恐怖…自分と、原発に翻弄されるいまの福島が重なった」』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.