ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    古代


    no title
    ▲巨大ペンギン注意?

    現代を生きているって素晴らしいことだと思いますが、絶滅した古代の動物を生で見れないのは大きな欠点だと思います。例えば、3700万年前に海を泳ぎ、地上をひょこひょこ歩いた約2mのペンギンとか。

    現在、南極のペンギンたちは温暖化により苦境に立たされています。しかし3700万年前は、今より多くの種類のペンギンが生息していました。
    『「2mの巨体でひょこひょこ!?」古代のペンギン…40分潜れた可能性も』の続きを読む

    1: Cancer ★@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 00:33:52.50 ID:???.net
    マンモスなどの巨大動物絶滅は人類のせい

    Sid Perkins, June 3, 2014 - 7:15pm

    no title


    約12,000年ほど前、最終氷期の終わりに多くの巨大動物種――ケマンモス(毛マンモス)、
    ケサイ(毛ブカサイ)(図)、剣歯ネコ(サーベルタイガー)など――が絶滅した。原因は気候
    変動や人類の拡散から悪性の病気やカナダ東部への地球外天体衝突まで、ありとあらゆる
    説が唱えられてきた。この議論の最新の大規模研究は、初の世界中の国別の種レベルデー
    タの調査で、その責任の多くが人類にあるとした。

    人類は狩猟や、動物が生き残れないほどの棲息地の改変(環境を焼いて狩猟などの活動が
    できるようにするなど)によって動物を減らした
    と考えられている。だが相関があっても、
    この分析からは人類が直接動物を絶滅させたかどうかは明らかでないと研究者たちは述べ
    ている。研究者たちによると一般に、人類がある地域に長く住めば住むほど(そして動物
    と人類が長く共存すればするほど)、そこに産する大型哺乳類の絶滅の割合は低くなると
    いう。

    一部の地域では、とくにユーラシアで、気候変動(過去21,000年間の気温と降水量の変化で
    計測される)も絶滅率に影響したように見える。だが研究者たちによると、これらの地域に
    おける気候変動の規模が人類の拡散パターンに大きく影響し、気候変動自体でなくそれが
    大型哺乳類を絶滅させた可能性もあるという。

    (詳細はソースをお確かめ下さい
    ソース:ScienceNOW(June 3, 2014)
    Humans Blamed for Loss of Mammoths and Other Giants
    http://news.sciencemag.org/climate/2014/06/humans-blamed-loss-mammoths-and-other-giants

    原論文:Proc. R. Soc. B
    Christopher Sandom, Soren Faurby, Brody Sandel and Jens-Christian Svenning
    Global late Quaternary megafauna extinctions linked to humans, not climate change
    http://rspb.royalsocietypublishing.org/content/281/1787/20133254

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1401896032/

    『【古生物】マンモスやケサイなど巨大動物の絶滅は人類のせい?』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.