ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    台湾


    d1985213 (1)(1)

    【嘉義 中央社】嘉義市消防局後湖分隊で22日、同分隊が捕獲し、おりに入れられていたニシキヘビが卵を11個産んでいるのが見つかり、急遽動物病院を通じて専門家に回収してもらうハプニングがあった。同分隊では「初めての経験」としている。 【ヘビの写真あります】
    『「朝からヘビーだな!?」ニシキヘビ捕獲したら翌朝に卵を産んでた…台湾』の続きを読む


    23-taiwan-stealth-kan3


    台湾で7月1日、停泊中のミサイル艇が対艦ミサイル「雄風3」を誤って発射し、命中した漁船の船長1人が死亡する事故があった。

    その後の調査や報道で、台湾海軍の規律の緩みが浮かび上がる一方、「空母キラー」と呼ばれるこのミサイルの性能が注目されることになった。
    『「塞翁が馬!?」誤射でバレる…台湾“空母キラー”ミサイル驚きの高性能』の続きを読む


    6c3575e5b635e1c5(1)


    台湾のモーターサイクルブランド「キムコ」の日本法人 キムコジャパンは、8月1日付でアジアの二輪ブランドとして初めて日本自動車輸入組合(JAIA)に加入したと発表した。
    『「スクーターで意外と有名!?」台湾キムコ…日本自動車輸入組合に加入』の続きを読む


    1434115308-698873058_n


    【雲林 中央社】雲林県斗六市内に日本統治時代に建設された建物を活用し、約1年半前にオープンしたカフェ「凹凸咖啡館(珈琲館)」が、憩いの場として多くの市民に親しまれ、地域の活性化に貢献している。 
    『「旧宿舎がカフェに!?」日本統治時代の遺産…地域の活性化に貢献 台湾』の続きを読む


    15965497851_ecf3cd6fdf_z
    by KouniHuang

    日立製作所は21日、台湾北部の新北市で都市鉄道建設プロジェクトを受注したと発表した。

    日立傘下のイタリア鉄道信号大手、アンサルドSTSや現地建設大手とのコンソーシアムで、総事業費は約1100億円。日立側の受注分は500億円規模とみられる。7月に着工し、2023年中の完成を見込む。

    『「台湾で鉄道プロジェクト受注!?」日立…総事業費1100億円7月に着工』の続きを読む


    a8797b0f28c24616b24645a6ca68f579

    【桃園空港 中央社】台湾北部の台北市や新北市、桃園市、基隆市の各地は2日午前、豪雨に見舞われた。雷を伴う大雨の影響で桃園国際空港(桃園市大園区)は建物の内外が浸水。

    さらに、台北・大屯山に設置されている超短波全方向式無線標識(VOR)も落雷で破損し、空港は2時間以上にわたりまひ状態になった。午前11時までで計104便に影響が出た。
    『「台湾北部でも豪雨!?」 桃園空港浸水…2時間まひ状態100便以上に影響』の続きを読む


    20160322-00000004-wordleafv-0084a74ad7cc672a7e50c9ecfcf6b66b3(1)

    アウトドアブランドのモンベルは、5月26日(木)都内にて、「第8回モンベル・チャレンジ・アワード授賞式」を開催。「3万年前の公開 徹底再現プロジェクト」の代表である海部陽介・国立科学博物館 人類史研究グループ長が受賞した。

    モンベル・チャレンジ・アワードは、自然を舞台として、人々に希望や勇気を与え、社会に対して前向きなメッセージを伝える活動を応援する目的で2005年に創設。モンベルクラブ・ファンド活動の一環として運営されている。
    『「日本人のルーツに迫る!?」第8回モンベル賞…3万年前の航海再現なるか』の続きを読む

    5276128964_cb6ea42b29_b(1)

    【台北共同】台湾の張盛和財政部長(財務相)は12日、中国主導の国際金融機関アジアインフラ投資銀行(AIIB)について、5月に任期が満了する馬英九政権下での参加申請を見送る方針を明らかにした。中央通信社などが報じた。
    『「AIIB参加を見送り!?」台湾…“主権は中国”の姿勢改めない限り不参加』の続きを読む


    no title
    ▲関西サービスエリアの関西弁当

    (台北 3日 中央社)「高くておいしくない」。長らくドライバーから酷評を受けていた台湾の高速道路にあるサービスエリアの食事が、変わりつつある。各地で工夫を凝らした商品が提供され人気となっており、固定概念からの脱却を図っている。
    『「速弁!?」台湾の高速道路…客家料理をテーマにした格安弁当が大人気』の続きを読む


    no title

    台湾北部と台湾東部・台東を結ぶ路線で21日、サンリオの「ハローキティ」をラッピングした列車の運行が始まった。

    「太魯閣号(タロコ号)」と呼ばれる急行列車の車体にはハローキティの家族やともだちが描かれ、車内もピンクを基調として、シートカバーや壁面にもハローキティの姿が。
    『「相変わらずよく働く!?」台湾…“ハローキティ列車”の運行を開始』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.