no title
▲カシオペア(EF510形牽引車)
JR東日本の冨田哲郎社長は9日の定例記者会見で、平成29年春に運行を始める豪華寝台列車「トランスイート四季島」について、「北海道など他社の管内もクルージングすることを考えたい」と述べた。

北海道内の複数の場所をめぐるルートを設定したいとの意向も示した。 
『「老朽化で検討!?」寝台特急カシオペア…“四季島”にレールを譲るのか』の続きを読む