ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    墜落

    1: おためし移民φ(..)◆EIk3wH696g 2014/06/13(金)11:48:09 ID:xdtf9KrTb
    ■小型機墜落の通報 確認急ぐ 秋田
    6月13日 11時25分

    秋田県警察本部によりますと、13日午前10時半すぎ、秋田市河辺で
    小型機が墜落していると近くを通った人から110番通報がありました。

    また、消防によりますと小型機のようなものが木に引っかかってい
    るということで、救急隊が現場に救助に向かっているということです。(NHK)

    (詳細はソースにてお確かめ下さい)

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140613/t10015193211000.html [6月13日 11時25分]
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140613/k10015195641000.html [6月13日 12時29分]
    小型機に見えたものはヤマボウシという樹木だったということです。 
    no title

    640px-Yamabousi_tubomieda
    ヤマボウシ - wiki 大形白色の総包片が4枚あり、花弁のように見える

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1402627689/

    『秋田県河辺で小型機墜落の通報…後に誤報とわかる。その正体は「樹木」』の続きを読む

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/05/02(金)13:04:44 ID:Oa4fX8zQz
    200億ウォンの韓国陸軍無人機、山に墜落
    中央日報日本語版 5月2日 9時6分配信

    韓国陸軍の偵察用無人航空機「ソンゴルメ」
    no title


    韓国陸軍が偵察用に使っている無人航空機「ソンゴルメ」が1日午前、京畿道楊州
    (キョンギド・ヤンジュ)市近郊の山に墜落した。

    軍関係者は「午前11時44分ほど陸軍某部隊所属の無人航空機1機が、
    京畿道楊州市広積面(クァンジョンミョン)の山に墜落した」として「人命被害は
    発生しなかった」と明らかにした。ソンゴルメはこの日、楊州の空中偵察中隊から
    離陸して近隣地域の偵察を終えて戻ってきたところだった。軍は調査団を設けて墜落
    原因を調査している。ソンゴルメは3月に存在が公開される時から論争に包まれていた。
    軍は2000年代初期から軍団級にソンゴルメを数機普及させて北朝鮮軍の動向を監視
    するのに使い続けたが、ソンゴルメの存在は徹底的に秘密にしていた。

    しかし3月24日、京畿道坡州(パジュ)をはじめ白リョン島(ペクリョンド)や
    三陟(サムチョク)など3カ所で北朝鮮のものと推定される無人機が相次いで
    発見される
    中、「航空防御網に穴があけられた」という非難が起きると軍が出て、
    軍事機密に分類されていたソンゴルメの存在を実物写真と共にメディアに公開した。
    当時、こうした国防部の姿勢について「批判世論から逃れるために自ら軍事機密を
    公開するのは無責任な処置」という批判世論が激しかった。

    今回の墜落事故を機に、ソンゴルメの性能も非難の的になっている。当時、軍関係者は
    「北朝鮮無人機はリアルタイム映像の伝送と遠隔操縦が不可能で、大きさも小さく、
    気象条件の影響を多く受ける」としてソンゴルメが性能上で優位にあることを表わした。
    だが北朝鮮無人機ほどではなくともソンゴルメもやはり風など気象条件の影響をかなり
    受けて、操縦ミスによりこれまで10機余りが墜落した事実が明らかになった。
    国会国防委員であるセヌリ党チョン・ヒス議員は「北朝鮮も無人攻撃機を開発した
    状況であり、韓国軍も無人機の性能を高める必要がある」と指摘した。

    詳細のソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140502-00000002-cnippou-kr
    no title
    ▲「ソンゴルメ」=隼(はやぶさ)の意味らしい...


    『【韓国】200億ウォンかけた韓国陸軍偵察用無人航空機「ソンゴルメ」が山に墜落』の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/04/02(水)21:19:52 ID:8fEZua06o
     韓国は、墜落しているのが発見された無人の小型飛行機2機について、
    北朝鮮から飛来した可能性が高いとの見方を強めている。
    そのうち1機は韓国の大統領府に近づいたと報じられている。

     韓国政府は2日、正体不明の無人機2機の写真を公開。
    3月31日には黄海上の南北軍事境界線と位置付けられる北方限界線(NLL)
    付近で南北が砲撃を打ち合ったが、1機は同日、黄海のペンニョン島で、
    もう1機は3月24日にソウルの北側に位置するパジュ市で発見された。

    3月24日に北朝鮮に近い韓国のパジュ市で墜落しているのが見つかった無人機。
    カメラが搭載されていた

     韓国国防省は、軍隊と情報機関、航空専門家からなる調査チームが、
    どこから飛んできたかについて最終結論を出すために、無人機の調査を
    進めていると明らかにした。


     韓国大統領府の報道官は記者団に対し、「最終調査の結果はまだ
    出ていないが、北朝鮮によるものとみて調べを進めている」と述べた。


     画像で見ると、無人機2機は水色のペンキが塗られ、カメラが搭載された
    模型飛行機のように見える。
    韓国国防省によると、パジュ市で発見された1機は長さ1.43メートルで
    重さが15キロ、ペンニョン島で発見されたもう1機は長さ1.83メートル、

    『韓国で墜落していた無人の小型飛行機、北朝鮮から飛来した可能性』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.