guangzhou-kpf-archite

日立製作所は2日、中国・広州市の超高層複合ビル「広州周大福金融中心」向けに納入する超高速エレベーターの速度試験で、分速1260メートル(時速75.6キロメートル)を計測したと発表した。

分速1260メートルは世界最高速度になる。単純計算で富士山なら約3分、高尾山なら約30秒で登ることができるスピードだ。
『「富士山なら3分!?」CTF金融センター…日立“世界最速”エレベーター』の続きを読む