ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    大船渡市


    5d142abe26e3bc0d15aa17bf200af543


    岩手県南部の大船渡(おおふなと)市に、大型バイオマス発電設備の建設が決まった。太平洋セメントと新電力のイーレックスが共同実施するもので、出力75MW(メガワット)の発電設備を2019年秋をめどに稼働させる計画だ。完成すれば国内最大級のバイオマス発電所になる。
    『「バイオマス発電所を建設へ!?」大船渡市…国内最大級75MWの発電設備』の続きを読む

    1: 水星虫 ★ 2014/11/09(日) 16:38:19.62 O.net

    no title
    ギネスにはコレ by Laura Bittner


    地元でとれた新鮮な魚を使ってイギリスの伝統料理、フィッシュ・アンド・チップスを作り新たなご当地グルメとして発信しようと大船渡市で新たなメニューの試食会が行われました。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/dqnplus/1415518699/

    『「英国の料理…? Fish & Chips!」感謝を込めてご当地グルメ化』の続きを読む

    saba

    1: それなり◆XonGXAywZYD. 2014/05/10(土)09:50:55 ID:A0VfvTHzi
    大震災3年:不明の愛猫戻る 首輪の電話番号が絆に 岩手 - 毎日新聞
    http://sp.mainichi.jp/select/news/20140510k0000m040118000c.html

    《ニュース概要とひとこと》

    岩手県で、東日本大震災後、3年間行方不明になっていた猫が、飼い主の元に帰還した
    というニュースです。猫の名前は「スイカ」。
    震災後、行方がわからなくなっていましたが、今年の4月に保健所が保護。
    普通なら殺処分されるところ、首輪があり、人なつこいことから、処分せずに飼い主が
    現れるのを待っていたそうです。
    そして今月8日、里親募集のために写真を撮ろうとしたところ、首輪の汚れと思っていた
    部分に、猫の名前と飼い主の連絡先が書かれていることにに気づき、連絡したそうです。
    飼い主の 山岸剛郎(たけお)さん(67)、一子(かずこ)さん(64)夫妻と再開した
    スイカには、付けた覚えがない鈴が3個も付いており、保護されるまでの間、心ある人に
    飼われていたと思われます。
    飼い主、保健所、名も知れぬ猫好きの人たちの絆と愛情に支えられて帰還したスイカ。
    末永く幸せに生きて欲しいものです。

    喜ぶ飼い主さんと猫のスイカの写真
    no title


    詳細はリンクから記事全文をどうぞ。

    それなり
    Twitter@opensorenari

    関連記事:
    震災で不明のネコ、生きていた 飼い主と再会 岩手 - 朝日デジタル
    (動画あり)
    http://www.asahi.com/articles/ASG595CTPG59UJUB00H.html 

    『【社会】 大震災3年:不明の愛猫戻る 首輪の電話番号が絆に 岩手』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.