ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    太陽光


    AFP-Getty_THAILAND-OFFBEAT-FOOD-760x507(1)


    【AFP】溶接作業用のマスクを着用して調理に臨む、珍しい料理人がタイにいる。首都バンコクから南に車で約2時間、ペチャブリー(Phetchaburi)県の道路沿いで屋台を営むシラ・スタラット(Sila Sutharat)さん(60)だ。【動画あり】 
    『「ソーラーパワーアップ!?」タイ屋台で有名エコクッキングまだまだ健在』の続きを読む


    10690961875_2dcf235517_z(1)
    ▲砂漠でも水が作れる?

    カリフォルニア大学バークレー校とMITの共同研究チームは、太陽エネルギーを使って大気中から水を収集するデバイスを開発した

    大気には、窒素や酸素などのほか、約1~4%程度の水蒸気が含まれており、地球全体におけるその総量は13兆リットルにのぼる。では、これら大気中の水を効率的に集め、貴重な水資源として生かすことはできないだろうか。【動画あり】 
    『「画期的なデバイス!?」太陽光を使い大気中から水を収集する装置開発』の続きを読む


    FSPhase1web2(1)


    アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)で3月、5万世帯分の電力供給が可能な太陽光発電所が完成した。同国では2050年までに、電力需要の4分の3を再生可能エネルギーで賄うことを目指している。
    『「第2段階完了!?」ドバイ…20年までに1000MW大規模太陽光発電所計画』の続きを読む


    14677909174_56dba00f4b_z(1)
    (イメージ)

    東京商工リサーチは12日、2016年の太陽光関連事業者の倒産件数が65件と調査を始めた2000年以降で最多となったと発表した。負債総額は242億4100万円にのぼる。


    政府が設けた再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で、太陽光で発電した電力の買い取り価格が引き下げられたことなどが響いた。
    『「倒産、撤退相次ぐ!?」太陽光関連企業…倒産件数2000年以降最多に』の続きを読む


    wattwayimage(1)
    (イメージ)

    仏ノルマンディー地方の田舎に、世界初の太陽光発電道路Wattwayが開通しました。


    区間はトゥルーヴルからペルシュに至る約1km、約2800m2。太陽電池を埋め込んだ道路としては、2014年にオランダで開通したSolaRoadがありますが、あちらは荷重の小さな自転車用の道路。フランスで新たに開通したWattwayは自動車用道路として世界初を名乗ります。
    『「世界初ソーラーロード開通!?」仏“Wattway”…太陽光発電道路検証へ』の続きを読む


    14677909174_56dba00f4b_z(1)


    経済産業省は24日、企業などが大型の太陽光発電施設でつくる電気の買い取りに2017年10月をめどに入札を導入する方針を明らかにした。
    『「入札制を導入か!?」大型太陽光施設…17年10月から安い電気の優先購入』の続きを読む


    jaxa(1)

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、宇宙空間で太陽光エネルギーをマイクロ波やレーザー光に変換後、地球に伝送して電力として利用する「宇宙太陽光発電システム(SSPS)」の要素技術の実証試験に成功したと発表した。

    宇宙と地上との間のレーザー発振を模擬し、地上と高さ200メートルの実験棟の屋上で電力を伝送、飛行ロボット(ドローン)を飛ばすことに成功した。SSPSの実用化は2030年代以降と当面先だが、エネルギー問題解決につながる重要な一歩だ。
    『「要素技術の実験に成功!?」JAXA…宇宙太陽光発電システムへの第一歩』の続きを読む


    eigg-solar-1024x683


    日本国内の太陽光ブームに陰りが見え始めている。

    各国政府の政策変更や価格下落に直面していた太陽光パネルメーカーにとって日本市場の需要増は光明となっていたが、再生可能エネルギーの利用促進を狙って始まった固定価格買い取り制度の導入から4年、ブームに衰えが見えいることをデータが示している。減速は原発の代替としての再生可能エネルギーの活用推進や太陽光パネル産業にとって脅威となる。
    『「太陽光ブームに陰り!?」政府の買い取り価格引き下げが影響』の続きを読む


    bt3iop9lh7bbgpxicaim


    「世界最大の太陽光発電所」として、2014年にカリフォルニア州に建設された、イヴァンパ太陽光発電所(Ivanpah Solar Electric Generating System)。

    先日、その施設内で火事が発生してしまいました。しかもその理由が、自分で自分を燃やした、とのこと。
    『「自らを燃やす!?」世界最大の太陽熱発電所…反射角度を誤り火事発生』の続きを読む


    CIAL_1739332f(1)
    ▲インド、コチン(コーチン)国際空港
     
    インド南部のコーチン国際空港が、世界で初めて太陽光発電による電力の自給自足を実現した。

    同空港は3年前から太陽光パネルを導入し、まず到着ターミナルの屋上に、続いて航空機の格納庫とその周辺にパネルを設置。このプロジェクトの成功を受けて昨年、ドイツのボッシュと契約し、貨物ターミナル周辺の未使用地に巨大な太陽光発電所を建設した
    『「自給自足を実現!?」インドの国際空港…世界初太陽光で全電力の自給』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.