ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    太陽光発電


    no title

    遊休農地の固定資産税を2017年度から1.8倍に引き上げる方向で議論が進むなか、その活用ビジネスが活性化している。中でも注目されているのが発電事業だ。

    スマート電化・太陽光発電事業を行っているリベラルソリューションでは、太陽光発電による売電ビジネスへの遊休農地の転用を促進している。2014年には21件だった転用事例が、2015年は48件と増加傾向だ。
    『「みんなの電気代でしょ!?」遊休農地対策…太陽光売電ビジネスで活性化』の続きを読む


    no title
    ▲目がソーラーシステム(太陽系) …なんちゃって

    太陽光で発電した電気を電力会社に売却する事業者への減税措置について、自民・公明両党の税制調査会は、太陽光発電の普及が進んだとして今年度で打ち切る方針を決めました。

    この制度は、太陽光発電の普及を促そうと太陽光パネルや蓄電装置などを設置して発電し、その電気を電力会社に売却する事業者に対し法人税の負担を軽減するものです。
    『「減税措置打ち切りへ!?」太陽光発電…事業者の法人税減税は今年度まで』の続きを読む


    no title

    太陽光発電など再生可能エネルギーの買い取りをめぐる問題で九州電力は太陽光発電の買い取りを正午前後を除く時間帯に限定した新たな契約の受付を始めました。
    『「太陽光の弱い時間帯だけ!?」九州電…再エネ買い取りの時間制限を実施』の続きを読む


    no title
    ▲トートバッグだとたくさん入るがいろいろ失くす...

    最先端の太陽電池パネルのコンセプトは、2つの道具によってもたらされた。紙とハサミだ。

    日本の切り紙細工からヒントを得た米ミシガン大学の研究者が、七夕飾りの「網」のように広がる太陽電池を開発した。太陽の動きに合わせてこの太陽電池を引っ張ることで、表面に太陽光を受けやすい傾きが生じるおかげで、効率よく集光できる。

    このアイデアに関する詳細な論文は、9月8日に「Nature Communications」誌に掲載された。 
    『「2次元が3次元に!?」集光効率3割増…太陽電池に日本の切り紙の技術』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.