ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    子供


    bbckorea(1)
    ▲くっ...くっ...(汗
    韓国政治の専門家がBBCニュースの取材を受けている最中に、部屋に幼い子供たちが乱入してきた映像は、インターネットであっという間に拡散し、すでに多くの人が目にしたと思う。 

    一部のマスコミを含めて多くの人が、ビデオに登場したケリー氏の妻、キム・ジュンアさんについて、乳母と最初から思い込んでしまっていた。 【追記あり】
    『「みんな乳母と!?」BBC“取材中に子供”動画…思い込み?差別の表れ?』の続きを読む


    6445708833_7f61f5c35c_z
    (イメージ)

    タイで撮影された日本の子供たちの姿がSNSで話題です。(2016年6月27日掲載)

    BurachaiさんのFacebookに投稿されたのは、タイ北部の都市チェンマイの空港でBurachaiさんの友人により撮影されたという写真。
    『「日本の子供達にタイ人驚愕!?」チェンマイ空港…搭乗待ちにみんな読書』の続きを読む

    no title

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/05/07(水)17:59:14 ID:jmtL1zgt7
    Record China 5月7日 16時37分配信

    2014年5月6日、国際救護開発NGOセーブ・ザ・チルドレンは、2000年から各国の
    女性の保健、経済、教育の水準と5歳未満の子どもの死亡率などの指標を基に、女性と
    子どもの生活環境水準を総合的に評価する報告書を毎年発表している。

    178カ国を対象とした2014年度の調査によると、フィンランドが昨年に続き首位、以下、
    ノルウェー、スウェーデン、アイスランド、オランダと続いた。

    韓国は昨年から1つ順位を上げ30位。米国は31位、日本は32位だった。

    一方、最下位はソマリアで、以下、コンゴ民主共和国(177位)、ニジェール(176位)、
    マリ(175位)、ギニアビサウ(174位)。

    詳細のソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140507-00000029-rcdc-cn

    『【社会】女性や子どもに“優しい”国ランキング、日本は32位』の続きを読む

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/24(木)00:14:25 ID:S77D9Y1fc

    すでにカセットウォークマンが何なのか全くわからない世代の子どもたちなのです。
    これは音楽を聴くデヴァイスですという答えに、みんな「ほぉう」「へぇえ」「はぁあ」
    と感心(?)しているようです。

    「音楽聞きたいだけなのに、ものすごく複雑で、ヘッドフォンがないと聞けないなんて
    おかしい。」
    「昔はこれを使っていたなんて理解できない。」

    ソニーの初代ウォークマンが登場してから35年、その間にテクノロジーがそして生活が
    大きく変化したのは当たり前のことです。今から35年後の子どもたちは、iPhoneを見て
    なんと言うのでしょうね。


    詳細のソース
    gizmodo 掲載日時:2014.04.23 20:00
    http://www.gizmodo.jp/a/2014/04/post_14441.html


    『【オーディオ】子供にカセットウォークマンを渡す。子供「嘘でしょ。どういうこと? 冗談でしょ?」「ウォークマンが登場した時に、音楽が発明された、の?」』の続きを読む

    1: おじいちゃんのコーヒー@しいたけφ ★ 2014/02/23(日) 10:09:30.43 ID:???0
     
    2003年に出版され、130万部を超えるベストセラーとなった村上龍著『13歳のハローワーク』。
    2005年に開設された公式サイトでは、同書の全文が掲載されているほか、
    いろいろな職業に就く大人へのインタビューや、
    質問コーナーなど、独自のコンテンツも充実している。

    そんな『13歳のハローワーク』の公式サイトで発表された「人気職業ランキング」に
    「シャーマン」という職業がランクインされていると、ネット上で話題となっている。

    きっかけとなったのは、あるツイッターユーザーのつぶやき。
    2月17日に『13歳のハローワーク』の「人気職業ランキング」で37位に
    「シャーマン」がランクインしている画面をキャプチャーし、シャーマンのところに矢印を加えた画像をアップし、

    「13歳のハロワサイトで2014年度の人気の職業ランキング見てたんだけど、
    今年ってもしかして500年に一度の例の大会があるの?」

    と、投稿したのだ。「シャーマン」とは霊媒師や呪術師のことだが、「シャーマン」という言葉を聞いて
    多くの人が思い出すのが、週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ『シャーマンキング』ではないだろうか。
    作品には500年に一度行われる「シャーマンファイト」なる大会が登場するが、このツイッターユーザーも
    それを思い出したようだ。

    人気職業ランキングに「シャーマン」が入っているという類まれなる事態に、
    ネットユーザーたちも驚いた様子。上記のツイートは2日間で約8000件リツイートされるなどして、
    ネット上で拡散している。ちなみに、ツイッターでの反応を見ると、

    「子供のなりたい職業37位のシャーマンて、今の子供には何が流行ってるんだ?」
    「シャーマンっていうのがかなり吃驚なんだけど…普通の職業…?であるの?」

    などと、「シャーマン」がランクインしている現実がまったく理解できないユーザーも少なくなかった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8563328/

    人気職業ランキング(2014年1月1日~1月31日)
    no title
    ※イメージ             by paukrus

    『【話題】子供の選ぶ人気職業に「シャーマン」がランクイン! ツイッター民「500年に一度の大会があるのか?」』の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/12(水) 19:41:01.81 ID:???0
    ★「ハーフの子を産みたい!」と外国人向けシェアハウスに群がる日本女子の貞操観念
    All About 2014年02月12日12時30分

    生活費に占める割合でかなり重くのしかかってくるのが家賃の存在。私も耐え切れず、
    先月引っ越しをしました。フリーランスゆえ不動産の対応も冷ややかで、こうなったら
    シェアハウスにでも住もうか?と思い、友人に話を聞いてみたのですが…。

    友人A(女性)の場合、住む目的は明確でした。「ハーフの子を産む」というのが口癖
    だった彼女がとった行動は、いろいろ試した後、最終的に選んだのが外国人向けのシ
    ェアハウスに住むということ。そのかいあって2年後には6歳年下フランス人の彼と結婚。
    現在は1児を出産し、家族仲良く日本で暮らしています。

    彼女が住んでいた外国人ハウスの内訳は、外国人:日本人が6:4の割合。外国人はほとんどが
    学生で、日本人は社会人経験のある女子が多かったとか。外国人ハウスにわざわざ住む
    というだけあって、日本人は海外に興味がある人がほとんどで、英語取得のために入寮
    してくる人もいるんだそう。

    以前寮内を見学させてもらったことがあるのですが、シャワーやキッチンは共同。
    部屋は価格により広さが異なり、狭いけれどベッドなどの家具は一通りそろっています。
    家賃も3万円台からと手軽なことからセカンドハウスとして利用している人もいるとか
    (友人もそのパターンで、平日はそこから職場に通い週末は実家に帰ることで通勤時間を
    40分短縮していました)。

    ハウス内は学生のノリ×外国人のノリが合わさった賑やかな雰囲気で、お花見やBBQなどの
    イベントが満載。ハウス内で付き合い始めるカップルも多いそうで、その後は2人共同で
    アパートを借りて引っ越していくのが主流だそう。(以下略)

    http://news.livedoor.com/article/detail/8528349/
    no title
    ※イメージ              by enggul

    『【社会】「ハーフの子を産みたい!」と外国人向けシェアハウスに群がる日本女子の貞操観念』の続きを読む

    1: Baaaaaaaaφ ★ 2014/01/27(月) 10:11:34.68 ID:???0
    日本1位は「パティシエ」

    アデコとアジア8カ国のアデコグループはこのたび、6歳~15歳の子供を対象に
    「将来就きたい仕事」に関するアンケートを実施し結果を発表した。調査は、
    2013年12月上旬に日本、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、
    タイ、ベトナムにおいて日本800人、アジア各国150~200人を対象に行われた。
    更に日本の子供だけを対象にした調査は男女各500人を対象に2013年12月上旬~
    1月初旬に行われた。

    子供が就きたい仕事の1位は、アジア各国では4カ国で「医者」が最多となったが
    日本では「パティシエ」が医者を抑え1位となった。国ごとに子供たちの憧れの
    職業観に違いが見られたが、9カ国全てに共通してランクインした職業は「医者」
    と「先生」だった。身近に存在し、人を助ける、人に教える職業が各国の子供に
    とって憧れの仕事であることがわかった。

    日本の子供が就きたい仕事を男女別に見ると、男子の1位は「サッカー選手」、
    2位が「野球選手」という順位になり、メジャーなスポーツ選手が上位を占めた。
    女子では「パティシエ」が全体の22%で1位となり、2位の「医者」9%に大差をつ
    けて首位となった。

    東京・愛知・大阪(東名阪)の地域ごとに就きたい職業の順位を調べたところ、
    各都市の1位は東京が「医者」、愛知と大阪は「パティシエ」となった。1位~3位
    は地域ごとの違いはあまり見られなかったが、他の地域と比較すると大阪では
    「作家」、「漫画家」などのクリエイティブ職や、「歌手」、「俳優・女優」
    などエンターテイメント系の仕事に就きたいと考える子供が多く、地域性の違いが
    見られた。
    http://news.mynavi.jp/news/2014/01/27/063/index.html
    no title

    『【社会】日本の子供が将来就きたい仕事 1位はもちろん、』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.