ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    対策


    no title

    [ベルリン ロイター] - ドイツのハンブルクで、建物への立ち小便による被害に悩む歓楽街近くの住民らが、画期的な対抗策に乗り出した。壁に水をはじく特殊な塗料を塗り、不届き者に「仕返し」するというものだ。【動画あり】
    引用元:http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1425532194/
    1: ケサランパサラン◆XWWxyP/7BYhA 2015/03/05(木)14:09:54 ID:RMU

    『「立ち小便対策に画期的!?」歓楽街…撥水壁で“仕返し”作戦 ハンブルグ』の続きを読む

    1: フランケンシュタイナー(dion軍)@\(^o^)/ 2014/11/02(日) 04:15:35.98 ID:SqXja4IQ0●.net BE:887141976-PLT(16000) ポイント特典

    no title

    10月17日に起きた京畿道城南市の板橋(パンギョ)で行われた野外ライブの際に排気口が落下し15名が死亡した事件。
    これに対して韓国が早速対策を行ったようだ。 
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1414869335/

    『「韓国の斬新な事故対策!?」換気口を全面ガラスで覆って危険防止』の続きを読む

    no title

    1: Hi everyone! ★ 2014/05/20(火) 09:23:10.56 ID:???.net
     日本と同様、ニューヨークでも花粉症が市民を悩ませている。マスクをする文化の
    ないニューヨークの人々は、日本人と異なる 花粉症対策を試みている。

     スギ花粉が少ないニューヨークでは、プラタナスやオークなどがこの時期の代表的な
    花粉とされている。薬局では、くしゃみを 繰り返し目を真っ赤にしながら薬剤師に相談
    する人々の姿が多く、花粉症用の薬売り場を拡大している。

     ニューヨーク最大のグリーンマーケット「ユニオンスクエア・グリーンマーケット」
    (E 17th St.)に出店している人気の蜂蜜屋 「Andrew's Local Honey(アンドリューズ・
    ローカル・ハニー)」では、通常の蜂蜜と共に「花粉症用」蜂蜜を販売。訪れた客が
    薬剤師と相談するかのように、花粉症についての悩みを店員に打ち明けながら蜂蜜を
    選ぶ様子も見られる。

     ニューヨーク産の同蜂蜜は花粉を微量含んでいるため、毎日摂取すると身体に抗体が
    できるという。 

    (詳細はソースにて)

    ソース(ニューヨーク経済新聞) http://newyork.keizai.biz/headline/1190/
    写真=花粉症へのアドバイスや美味しい食べ方を教えてくれる
    no title
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1400545390/

    『【米国】日本同様ニューヨークでも市民を悩ます花粉症…薬局でなぜか「蜂蜜」が好評の理由』の続きを読む

    the-pissing-tanker

    1: ◆sRJYpneS5Y 2014/05/11(日)20:23:40 ID:vJrrRXRjQ
    日本では屋外で立ち小便をすることは、基本的に軽犯罪法違反に
    なる。少なくともトイレでない場所で立ち小便をすることは、多
    くの人に迷惑をかける可能性があるので、してはならないことだ。

    日本だけではない。インドでも立ち小便の問題が昔からあり、注
    意書きをしても罰則を与えてもなくならないそうだ。そこで、街
    の美化を推進する活動を行っている団体が、実力行使にでた。
    もしも立ち小便をしているところを彼らに発見されると、猛烈な
    放水を食らう羽目になる。そのやり方が容赦なくてビビった。


    以下続きはこちらから 動画有り
    http://rocketnews24.com/2014/05/11/440402/
    no title


    『【海外】容赦ない! インドの立ち小便根絶を目指す団体のやり方がハンパない!! マジで失禁するレベル』の続きを読む

    1: 伊勢うどんφ ★ 2014/02/11(火) 10:28:50.57 ID:???0
     自民党は、政務調査会内に「リベンジ(復讐ふくしゅう)ポルノ」問題に関するプロジェクトチーム(PT)を月内にも設置する方針を決めた。

     被害の拡大を防ぐため、インターネット上の画像を迅速に削除する方法などを検討、関連法の改正案の今国会提出を目指す。

     警察庁によると、ネット上の性的な画像や動画などに関する通報は、2012年で2万7334件。
    PTでは、接続業者から発信者に削除を照会する期間の短縮を検討するほか、画像公開者への厳罰化の是非を検討する。

    (2014年2月11日09時09分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20140210-OYT1T01671.htm?from=blist

    『【社会】「リベンジポルノ」問題、自民党がプロジェクトチーム設置へ』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.