no title

嵐電の北野白梅町駅(京都市北区)に掲げられていた駅名表示のブリキ文字が姿を消した。嵐電の駅舎に残る案内表示の文字としては最も古く、手書き風の味のある字体だったが、老朽化のため、半世紀以上の役目を終えて外された。

「嵐山・さがの・おむろ・ゆき 北野白梅町駅」というブリキ文字が、北野白梅町駅の南北の壁面上部にそれぞれ付けられていた。
『「ブリキの駅名表示が引退!?」老朽化…京都、嵐電北野白梅町駅に半世紀』の続きを読む