information_items_1501

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/05/29(木) 12:03:38.46 ID:???0.net
ロシア南部、ケメロヴォ州チスリを流れる川の底から、4000年前(青銅器時代)の
古い神の像が出てきました。川で鯉を獲っていた人の網に偶然かかって見つかりました。

運転手の仕事をしているニコライ・タラソフさんは、休日に川で鯉を獲っていました。
網を引いたとき重く感じたので、岩にひっかかったと思ったそうです。その岩をどかして
投げ捨てようとしたとき、タラソフさんは岩に顔がついていることに気がつきました。

川の水で岩を洗うと、それが何かの像であることが分かりました。その像には、アーモン
ド型の目と、唇の厚い大きな口がついていたのです。 なんとも恐ろしげな表情をしていた
といいます。

no title

no title

タラソフさんは地元の博物館に像を持ち込みました。この像を見た博物館の学芸員は
驚いて飛び上がりました。
非常にめずらしい青銅器時代の多神教の神像だったからです。学芸員はさらに詳しく
調べるためにケメロヴォ市の専門家のもとに像を送りました。


タラソフさんは像を売ってお金に換えようとは一切考えなかったそうです。
「これはみんなに見てもらうべきだし、歴史の研究に役立てて欲しい」と話しています。


http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=1125

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1401332618/

『【ロシア】4000年前の恐ろしげな神の像が魚獲りの網にかかる(画像あり)』の続きを読む