ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    広島


    160411065920-john-kerry-april-11-hiroshima-memorial-exlarge-169

    【AFP】先進7か国(G7)外相会合が開催された広島で11日、原爆投下の跡地につくられた平和記念公園を米国務長官として初めて訪れたジョン・ケリー(John Kerry)氏は報道陣に「衝撃を受けた」と語った。 
     
    『「衝撃的な展示!?」ケリー米国務長官…広島初訪問に“感極まった”』の続きを読む


    no title
    ▲あるネコスポットにて...

    【AFP】猫の視点で街を散策できる特設サイトで、猫好きの観光客を誘致しよう――広島県は1日、こんな狙いを込めて「広島キャットストリートビュー尾道編」をインターネット上に開設した。

    世界初の試みとうたわれた特設サイトにはオンライン地図が掲載され、米グーグル(Google)が提供する「ストリートビュー(Street View)」のように尾道市内の風景を写真で見ることができる。写真は全て、地上20センチの「猫目線」で撮影されている。 【動画あり】
    『「“猫目線”ストリートビュー!?」県が開設…ネコ好きの観光客を誘致』の続きを読む


    no title

    世論調査の結果、アメリカ人の45%が第2次世界大戦における日本への原爆投下に関する同国の決定を支持し、20%のみがこの決定を間違っていたと評価しています。

    分析サイト・ナショナル・インターポストは、日本の戦後70年の報告の中で、核兵器の発明と第2次世界大戦でのアメリカによるその使用の決定についての調査機関ユーガブによる最新の世論調査を取り上げています。
    『「原爆投下は正しかった!?」米人の半数…原爆に関する同国の決定を支持』の続きを読む


    no title

    広島大と長崎大の研究グループは7日、広島原爆の「黒い雨」を体験した女性の肺組織にウランが残存し、現在も放射線を放出していることを示す痕跡を初めて撮影したと明らかにした。

    女性は原爆投下時29歳で、80代で肺など3臓器に多重がんを発症し、94歳で死亡した。

    解析したのは1998年に切除し保存されていた肺組織で、グループは「放射性降下物由来の核物質による内部被ばくが半世紀以上続いていたことが裏付けられた」としている。
    『「体験者の肺にウラン残存!?」黒い雨…広島原爆体験者の肺放で射線確認』の続きを読む

    1: ゆでたてのたまご ★ 2014/09/26(金) 14:34:12.27 ID:???.net

    227

     JR西日本は26日、来年春に山陽線や可部線など、広島県を中心に投入される、新保安システムを搭載した新型車両「227系」を、製造元の近畿車両(大阪府東大阪市)で報道公開した。JR西によると、広島地区への新型車両の導入は32年ぶり。
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1411709652/

    『「先頭車両に耳!?」”227系”JR西日本新型車両32年ぶり導入』の続きを読む

    1: 大口小火◆lol.XSQqdw 2014/05/24(土)19:03:54 ID:???
    広島県福山市内で子ガモ7匹が親から離れて側溝に落ち、警察官が8人がかりで
    助け出した。無事親元に戻った子ガモたちは、元気よく用水路に戻った。

    通行人から「助けてあげて」と通報を受けた。側溝は深さ約1メートルだったが、
    子ガモはさらに深い水たまり部分に落ち、はい上がれずにいたという。

    約20キロの側溝のふたを持ち上げ、逃げ回る子ガモを1匹ずつ救出した。
    「殺伐とした事件もあるが、この事件処理は楽しかった」

    (詳細に関してはソースをお確かめ下さい)

    ソース:毎日新聞
    http://mainichi.jp/select/news/20140525k0000m040017000c.html
    no title
    ▲救出された7羽の子ガモたち(広島県福山市内で2014年5月24日、菅沼舞撮影)

    関連スレ:

    確か去年も...
    http://www.logsoku.com/r/newsplus/1370727994/

    人騒がせな(´∀`*)


    『【社会】子ガモ7匹、側溝に落ち…警察官8人がかりで救出』の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/10(月) 01:49:07.93 ID:???0
    ★偽ベートーベン実家近所、虎新井母も残念

    「現代のベートーベン」と称された作曲家佐村河内(さむらごうち)守氏(50)の
    ゴーストライター問題で、広島市内にある同氏の実家周辺では騒動を残念がる声が広がっている。
    住民らによると、ゴーストライター問題が浮上するまでは「地元のヒーロー」状態だったという。

    地域の町内会役員は8日、「息子さん(佐村河内氏)の名前をメディアで聞くようになった
    一昨年くらいから、町内会でもたびたび話題にあがっていた。でも、まさかこんなことになるなんて…」
    と話した。問題発覚後は、町内会で大っぴらに佐村河内氏の話をする人はいなくなったという。

    実家近くにはプロ野球の阪神新井貴浩(37)良太(30)兄弟の実家もあり、新井の母は
    「残念です。去年から、近所でも評判になっていました。どこかで歯車が狂ってしまったの
    でしょうか…」とコメントした。

    また、前日7日に取材に応じて「早く離婚してほしい」と訴えた佐村河内氏の妻の母は、
    「(娘が)どうにか無事で帰ってきてほしい…」と、あらためて訴えて涙した。妻の母は、
    8日付日刊スポーツで佐村河内氏の過去も明かした上で心境を告白。報道を見た親族らから、
    10本以上の電話をもらったことも明かした。

    [2014年2月9日7時13分 紙面から]
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140209-1255148.html
    no title


    関連スレ
    【社会】偽ベートーベン・佐村河内氏に降りかかる空前の“賠償地獄”
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1391980593/

    『【広島】偽ベートーベン実家近所、阪神タイガース新井母も残念』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.