ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    忍者


    20160520004230(1)

    広東省の東莞市のある公園で5月16日、13歳の少年が金属製のナイフを投げ、12歳の少女の後頭部に突き刺さったことを中国のメディア『網易新聞(news.163.com)』ほかが伝えた。

    ナイフの刃渡りは15センチ。投げた少年と被害者は同じクラスの仲良しグループで、その日も一緒に公園にやってきたという。
    『「少女の後頭部にグサっ!?」抜かず搬送…少年が投げた刃渡り15cmナイフ』の続きを読む

    1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★ 2014/01/26(日) 17:41:11.28 ID:???0
     忍術の基本動作などを学ぶ「忍者修行入門」が25日、三重県伊賀市上野丸之内のハイトピア伊賀で開かれた。
    忍者ファンら約60人が参加し、甲賀流忍術の継承者で、「最後の忍者」と呼ばれる、川上仁一・
    三重大学社会連携特任教授(64)から指導を受けた。

     同大学伊賀連携フィールド市民講座の一環。健康増進や体力アップ、ストレス解消に効果があるという、
    忍術の基本について知ってもらおうと開催した。

     川上教授は、呼吸法、気合、歩法が忍術を会得するための基本であることを解説したあと、呼吸法について講義。
    長い時間をかけて呼吸する「息長」や、息を吸った時に腹部をへこませ、吐いた時に膨らませる、逆呼吸の「陰陽」など、
    様々な呼吸法があることを紹介した。

     歩法については、抜き足差し足のほか、あおむけのまま歩いたり、座りながら歩いたりする様々な方法があることを説明。
    川上教授の実演を見て、参加者も挑戦した。

     また、気合の入れ方や動体視力を養うため、遠くと近くを交互に見る訓練なども紹介。川上教授は「意識して行うのではなく、
    日常生活の中に取り入れて実践してほしい」と話した。

    (2014年1月26日17時14分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140126-OYT1T00362.htm
    no title
    ※イメージ

    『【文化】「最後の忍者」…大学教授が甲賀流忍術の指導・三重県伊賀市』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.