ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    投資


    Toyota wallpaper(1)


    アメリカのトランプ次期大統領からメキシコ工場の建設計画を批判されている、トヨタ自動車の豊田章男社長は、今後5年間にアメリカで1兆円以上の投資を計画していることを明らかにし、アメリカ経済に貢献していることへの理解を求めました。
    『「トランプに牽制!?」トヨタ社長…“1兆円超投資”米経済貢献アピール』の続きを読む


    no title

    シンガポールの著名投資家ジム・ロジャーズ氏が、北朝鮮への投資について「もしもすべてのお金を北朝鮮に入れることができるのならば、そうしたい」と、CNNマネーに語っている。


    最近は、新たな投資先として北朝鮮への関心を示していたが、かなりの期待を持っていることを改めて示した。 
    『「北朝鮮に全額投資したい!?」投資家J・ロジャーズ…北朝鮮に可能性?』の続きを読む

    1: 幽斎 ★ 2014/10/12(日) 20:50:41.03 ID:???.net

    no title

    都内に住む投資家、片山晃さんは運用資産額を10年間で3,000倍以上の20億円にしました。片山さんの投資手法は王道とも言えるもので、企業を分析し、将来の成長性が高い銘柄に投資を行います。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1413114641/

    『「60万円を10年間で20億!?」次世代カリスマ投資家現る…WBS』の続きを読む

    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/02(日) 10:01:41.51 ID:???
    「税金がタダになると聞いて口座を作って株式投資を始めたのですが、買った株が
    さっそく値下がりしてしまいました。どうすればいいのか証券会社の担当者に相談すると、
    このまま持ち続けたら、損したうえ、しかも課税される可能性があるというのです。
    『非課税』だというのに、『課税される』とは矛盾している。はじめに知っていれば
    やっていませんでした。NISAのバカヤローですよ」

    そう語るのは元商社マンの大桑雄介氏(仮名、64歳)である。今年1月からスタートした
    「少額投資非課税制度=NISA」を始めたら、思わぬ落とし穴にはまり頭を抱えている。

    NISAは、株や投資信託などを売買する際に、その売却益、配当金、分配金にかかる
    約20%の税金が原則5年間免除される制度である。「税金がタダになる」ということで
    証券会社や銀行の窓口には新規口座開設を希望する顧客が殺到、NISA口座はこの1月に
    500万口座を突破する勢い。2月13日には「NISAの日」ということで、証券各社が
    セミナーやイベントを開くなど大騒ぎだ。

    一方で、制度の不備が多く、口座開設者たちからはさっそく不満の声が出ている。
    ライフカウンセラーの紀平正幸氏も言う。

    「NISAは投資で儲かった時には非課税というメリットがありますが、儲からなければ
    メリットがないどころか、デメリットがたくさんあります。NISAを利用したために
    損をするというケースが続出する恐れもあります」

    前出・大桑氏のケースがその好例だが、それにしても、非課税を謳う制度を利用した
    ことで逆に損が膨らんでしまうのはなぜか。

    NISAは原則5年間だけ非課税と期間が決められており、買った株などは期間中いつでも
    売れる。ただし、期限が来たら株を売却するか、NISA口座から課税される一般口座に
    移さなければいけない。

    仮に当初100万円で株を購入し、期限が来た時に値下がりして50万円になっていたと
    すると、損切りをしたくなければ一般口座に移すことになる。(※続く)

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38458

    『【投資】『NISA』のバカヤロー! 「税金タダ」って言ったのに、これじゃあ大損だ--株初心者から不満爆発 [03/02]』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.