R2D2-XWING_E4S-KEY-60_R (1)(1)
(イメージ)

実物のフライトシミュレーターでジェット旅客機「ボーイング737」を産業用ロボットが操縦し、飛行状態から無事着陸させることに成功した。米オーロラ・フライト・サイエンシズ(バージニア州)が16日に発表した。

すでに軽飛行機や汎用輸送機「セスナ208キャラバン」などでは、人間のパイロットの監視のもと、実機での飛行操縦試験にも取り組んでいるという。 【動画あり】
『「副操縦士は産業用ロボット!?」B737シミュレーターで飛行・着陸に成功』の続きを読む