ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    救出


    catrussia(1)

    極寒のロシアで撮影された、猫の救出の一部始終が話題になっています。

    凍った道路にうずくまる猫

    雪と氷に覆われた道路にじっとうずくまる猫。動かない…のではなくどうやら動けないらしいのです。この猫を見つけたカップルが、どうしたのかと抱き上げようとすると、足が凍って道路に貼りついていたのだそう。 【動画あり】
    『「足が凍って張り付いた!?」-35度の極寒の地でうずくまる猫…無事救出』の続きを読む


    karugamo2
    ▲9羽のカルガモのヒナ...

    カルガモ一家に緊急事態発生です。子ガモが小さな穴から側溝に次々と落下。近くにいた男性らが慌てて側溝のふたを開けましたが、その場に姿はありませんでした。【動画あり】

     
    『「オーマイガーガー!?」次々と側溝に…親に連れられたカルガモのヒナ』の続きを読む

    1: 旭=500@Ttongsulian ★ 2016/02/27(土) 09:39:44.87 ID:CAP_USER.net
    no title

    これは昨年、米国で実際に起こった出来事だ。1匹の子猫が米国陸軍の武装ヘリコプター「コブラ」の機体の中で身動きが取れなくなってしまった。
    『「救出作戦!?」米軍兵士…武装ヘリ“コブラ”に捉えられた子猫を救助』の続きを読む


    s_005a

    9日午前11時20分ごろ、長崎市出島町で、70代と60代の女性2人が乗る乗用車が運河に転落した。 

    近くにいた修学旅行の男子高校生3人が救助に向かい、女性らを運河から堰(せき)に引き揚げた。長崎県警によると、女性2人は軽傷で、命に別条はないという。
    『「自分が行くしかない!?」運河に乗用車転落…修学旅行生が女性2人救出』の続きを読む


    no title
    ▲飛鳥II (写真は横浜港にて)

    年末年始を太平洋上で楽しむ乗客を乗せた豪華客船で2日、急患が発生し、救助要請を受けた海上自衛隊のヘリコプターによる救出劇が繰り広げられた。

    強い風と波に見舞われる中、救急搬送が必要な2人をヘリに引き上げるという難しい作業だったが、無事に成功。海自の高い救難技術に、乗客からは大きな拍手が湧いた。 
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1420549671/
    1: ゆでたてのたまご ★@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 22:07:51.40 ID:???0.net

    『「荒れる太平洋上での救出劇!?」豪華客船“飛鳥II”から救助要請…海自』の続きを読む



    7586354750_cd9ef0b335_z
    ▲スパイダーウーマンってのもいたな...

    玄関ドアに鍵がかかっているのなら、煙突から侵入…この考えだけは決してうまくいくものではない。

    かつての恋人とわが子が暮らす家の煙突から侵入を試み、とんだ醜態をさらした女性がカリフォルニア州にいた。 
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1420507600/
    1: @coffeemilk ★@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 10:26:40.58 ID:???0.net

    『「全裸女性が煙突に挟まる!?」真っ黒な体で救出…元カレ宅に侵入試み』の続きを読む


    no title

    震度5強を観測した長野県白馬村では、家の下敷きになった女性が近所の住民たちの素早い対応で奇跡的に助け出されたケースもありました。
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1416743120/
    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/11/23(日) 20:45:20.00 ID:???0.net

    『「近所の人がジャッキで!?」下敷きの女性救出…震度5強の白馬村』の続きを読む

    1: ぽこんち ★@\(^o^)/ 2014/07/11(金) 04:39:02.34 ID:???0.net
    50年間虐げられ続けた生活を抜け出し、やっと自由を手に入れた1頭のゾウがインド
    にいる。幼いうちに母親から人間の手で引き離された後、次々と転売され、さまざま
    な所有者のもとを渡り歩いたとされる50歳のオスのゾウ・ラジュ。
    最後の所有者となったゾウ使いからは、24時間鎖で脚を繋がれるなど、ひどく虐げら
    れた時間を過ごしていたとされ、1年前から注意を払っていた州の当局者や動物保護活
    動を行うNGO団体が、先日、ようやく救出に成功したそうだ。

    2014-07-09-120412

    2014-07-09-120429

    しかし「ゾウ使いと前の所有者」が、ラジュの脚に繋いだ鎖を増やしたり、職員らの
    通行を食い止めようと道路を封鎖したりするなど妨害を重ね、救出活動は難航。
    それでも、一切妥協しない姿勢を見せた職員らが粘り強く交渉した結果、7月4日になって
    ようやくラジュは引き渡されることになり、すぐに約560キロ離れた同州マトゥラーにある
    ゾウの保護センターへと運ばれた。
    ゾウ使いとの交渉時、ラジュの目からは涙が流れる瞬間もあったとされ、団体関係者の1人
    は脚の痛みによるものと推測しながらも、同時に助けに来てもらったと分かり「初めて希望
    を感じた」上での涙だと感じたとも話している。

    (記事は抜粋です。詳細はソース元をご確認下さい)

    http://www.narinari.com/Nd/20140726842.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1405021142/

    『「希望から涙?」50年虐待されたゾウ、救出に成功…インド』の続きを読む

    wolves30n-3-web

    1: のり弁当大盛り ★ 2014/06/01(日) 17:33:38.08 ID:???.net
    http://www.nydailynews.com/news/national/alaska-firefighters-rescue-wolf-pups-article-1.1810127
    Thursday, May 29, 2014, 2:22 PM

    火曜日、脱水症状で取り残された動物の子供の鳴き声が、消防士の耳に入った。
    それはAlaska Dispatch紙に報告され、野生動物保護当局は頭に
    傷がついているオオカミの子供を発見した。 その後、消防士は狭い洞穴にもぐり、
    残りの生後2週間とみられるオオカミの子供の兄弟も助けた。

    生物学者は、おそらくキーナイ国立野生生物保護区で192800エーカー以上が延焼した
    大規模な火事が原因で、親が巣を放棄したとみている。

    抄訳 くわしくはソース元をご覧ください。

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1401611618/

    『【米国】消防士が山火事で怪我して脱水症状になった狼の赤ちゃんを救出(画像あり)』の続きを読む

    1: 大口小火◆lol.XSQqdw 2014/05/24(土)19:03:54 ID:???
    広島県福山市内で子ガモ7匹が親から離れて側溝に落ち、警察官が8人がかりで
    助け出した。無事親元に戻った子ガモたちは、元気よく用水路に戻った。

    通行人から「助けてあげて」と通報を受けた。側溝は深さ約1メートルだったが、
    子ガモはさらに深い水たまり部分に落ち、はい上がれずにいたという。

    約20キロの側溝のふたを持ち上げ、逃げ回る子ガモを1匹ずつ救出した。
    「殺伐とした事件もあるが、この事件処理は楽しかった」

    (詳細に関してはソースをお確かめ下さい)

    ソース:毎日新聞
    http://mainichi.jp/select/news/20140525k0000m040017000c.html
    no title
    ▲救出された7羽の子ガモたち(広島県福山市内で2014年5月24日、菅沼舞撮影)

    関連スレ:

    確か去年も...
    http://www.logsoku.com/r/newsplus/1370727994/

    人騒がせな(´∀`*)


    『【社会】子ガモ7匹、側溝に落ち…警察官8人がかりで救出』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.