ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    日本語


    triva


    この美女、どこかでご覧になったことはありませんか。ホテル料金比較サイト「トリバゴ」のCMで、流暢な日本語を話すブロンドのCM美女といえば、うなずく方もいるかも。彼女は米国人歌手のナタリー・エモンズ。実はあのCMは吹き替えではなく、ナタリーの肉声なのだ。【動画あり】
    『「あのCM美女は誰!?」肉声だった…流暢な日本語を話すブロンド美女CM』の続きを読む


    no title
    ▲日本ごは難しい... 

    私はブログとフェイスブックに載せる記事を、原則として日本語と英語の2カ国語で書いている。記事の題材や資料が英語の場合、先に英語で書いてから日本語に翻訳する。この場合はあまり苦労を感じない。

    しかし、参照する資料などが日本語だった場合、先に日本語で記事を書いてから英語に翻訳する場合が多い。このパターンは少々やっかいだ。
    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1427267258/
    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/03/25(水)16:07:38 ID:???

    『「はたして悲劇か喜劇か!?」日本語と漢字を廃止した国の末路とは…』の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/27(月) 22:31:21.49 ID:???0
    ★使い分けができていない日本語ランキング
    提供元: goo ランキング / 2014.01.27 19:00
    gooランキング提供の、使い分けができていない日本語ランキング情報です。

    米国務省付属の外国語研修機関「Foreign Service Institute」において最も複雑で習得が難しい
    言語の一つとされている日本語。外国の人だけでなく、日本で生まれ育った生粋の日本人でも
    「完璧に使いこなせる」と自信を持って言える人がどれだけいるのかは怪しいところです。
    1位:「おざなり」と「なおざり」
    2位:「被告」と「被告人」
    3位:「元日」と「元旦」
    4位:「青田買い」と「青田刈り」
    5位:「手をこまぬく」と「手ぐすねを引く」
    ランキングをもっと見る http://ranking.goo.ne.jp/ranking/015/0OEYM3-GKcFN/

    そんな日本語の中でも、特に使い分けができていない人が多いとされるのが、《「おざなり」と「なおざり」》です。
    いずれも「いい加減な言動」をする時に使いますが、「おざなり」は意識的にその場逃れの行動をとる、
    「なおざり」は注意が足りないため結果としていい加減な言動になる場合に使うため、使い方を間違えると
    相手の怒りに油を注ぐことになりそうですよね。

    一方、全く意味が異なるのに誤用されているケースが多いのが、《「被告」と「被告人」》です。
    「被告」とは民事訴訟や行政訴訟で訴訟を提起された当事者の第一審における呼び名ですが、
    「被告人」は刑事訴訟で公訴を提起された者を指す言葉です。こちらはメディアで「被告人」と
    呼ぶべきケースでも「被告」と呼ぶことがあるため、法律に詳しくない人が使い分けできていないのは
    仕方の無いことかもしれません。

    予想外の結果となったのは《「雪辱」と「屈辱」》でしょうか。
    こちらは「雪辱」が「恥をすすぐこと/名誉を取り戻すこと」、
    「屈辱」が「恥ずかしい思いをさせられること/辱められて面目を失うこと」と意味が異なりますが、
    今回の結果からも分かるとおり、使い分けができていない人が思いのほか多かったようです。
    「雪辱」については、本来の使い方である「雪辱を果たす」ではなく、
    「雪辱を晴らす」と誤用している人が多いのも気になるところですね。
    http://okmusic.jp/#!/news/29859
    no title
    ※イメージ

    『【話題】使い分けができていない日本語ランキング』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.