no title
▲ここから手作業で...

福岡市は22日、同市西区の元岡古墳群で出土した鉄製大刀(全長75センチ)から、西暦570年を意味する「庚寅(こういん)」の文字など金象眼が施された19文字全ての露出に成功したと発表した。

文字は4~6ミリ四方で、全ての文字に95%前後の高純度の金が使われていたことも判明。1400年以上前に刻まれた黄金の文字が鮮やかによみがえった。 【画像あり】
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1422014921/
1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/01/23(金) 21:08:41.23 ID:???.net

『「いにしえの美的センス!?」輝く黄金の文字…1400年前の鉄製大刀』の続きを読む