ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ


    16168823247_0b34af8ba8_z
    (イメージ)
    林業分野からの花粉症対策の切り札として期待されている「無花粉スギ」。

    その品種の一つ「爽春(そうしゅん)」を開発した国立研究開発法人・森林総合研究所林木育種センター(日立市)は、人工交配などを通じ、無花粉スギの木材としての品質と成長速度の改良を続けている。
    『「スギの改良続く!?」“無花粉スギ”…花粉症対策の切り札として期待 』の続きを読む


    no title

    花粉症の原因となる杉の木を無くしたい――。宮崎県小林市の任意団体が十数年前から杉の木を伐採し、広葉樹を育てる運動をしている。

    2006年からホームページで1口1000円の寄付金を募っているが、3万円も集まらず、看板の費用に消えた。結局、ボランティアでの杉伐採のみとなっている。

    代表の永峯勝久さんは、「私どものような活動がうまくいかない限り、日本の森林は杉ばかりで、花粉症は未来永劫続く」といい、活動に支援してもらえるよう呼びかけている。 
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1426149594/
    1: @Sunset Shimmer ★ 2015/03/12(木) 17:39:54.20 ID:XUbAyXC0*.net

    『「憎き“杉の木”を伐採する運動!?」寄付金集まらず苦戦中…宮崎』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.