17470020_x(1)

民俗学者で「妖怪談義」や「遠野物語」などを著した柳田国男(1875~1962)の出身地で、妖怪による町おこしに力を入れる福崎町が、カッパにちなんだレトルト食品「かっぱカレー」を開発した。

8日に同町西田原の辻川山公園周辺で開かれた桜やグルメなどを楽しむ「民俗辻広場まつり」で販売された。
『「味は激ウマ、子供はトラウマ!?」カッパの福崎町…かっぱカレーを開発』の続きを読む