ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    検証実験


    no title
     
    理研の会見の主な質疑応答は以下の通り。

    --小保方さんは4月の会見で200回以上成功したといった。そのやり方ではなぜ成功できなかったのか。

    --小保方さんが話していた「コツ」は明らかになったのか。 

    --STAP細胞は存在するのか?
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1418966220/
    1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 14:17:00.50 ID:???O.net

    『「小保方氏の“コツ”明らかにならず!?」STAP細胞…検証結果記者会見』の続きを読む


    no title
    ▲STAP細胞について発表する小保方氏(2014年1月)

    STAP細胞の存否を確かめる理化学研究所の検証実験で、小保方晴子氏の実験でもSTAP細胞が全くできなかったことが18日判明した。
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1418861390/
    1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2014/12/18(木) 09:09:50.72 ID:???.net

    『「STAP細胞、作製できず!?」小保方氏検証実験…存在可能性は極めて低く』の続きを読む

    1: 紅茶家電◆gJlUXgVCjw 2014/04/08(火)11:06:29 ID:Y38G1AX6L
    産経新聞 4月8日(火)7時55分配信

    「本当に存在するかは、やってみないと分からない」。STAP細胞の存在を
    調べる実験の見通しについて、こう説明した理研の検証チーム。
    論文不正の判明で細胞の存在は大きく揺
    らいでおり、実験で再現できるかは不透明だ。

     検証実験は理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の相沢慎一特別顧問が
    責任者を務め、論文共著者の丹羽仁史氏が実験を担当する。
    本来は担当すべき小保方晴子氏は「実験できる精神状況にない」(相沢氏)として、
    検証チームには参加しない。相沢氏は「存在すると信じて検証するのではない。
    これだけ疑義があるので」と慎重な姿勢を示した。

     検証実験は、紫外線を当てると細胞が光るように遺伝子操作したマウスを作り、
    そのリンパ球や肝細胞を弱酸性溶液で刺激してSTAP細胞を作製。
    これを受精卵(胚)に
    注入して育てた胎児の全身の細胞が光るか調べ、
    作った細胞の万能性の有無を確認する。

    相沢氏は「なぜできないかを期限内で説明するのは極めて難しいだろう」
    と話した。
    (詳細はソースにて)

    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140408-00000086-san-soci
    no title
    ▲STAP検証計画について会見する丹羽仁史プロジェクトリーダー(右)と相沢慎一特別顧問
    『【理研】STAP細胞 検証実験 「細胞の存在」否定は困難』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.