no title
ウスベニアオイとミツバチ by Toshihiro Gamo

1: ふぐのひらき◆kV6bjRA4v. 2014/06/22(日)17:09:12 ID:???
農林水産省は、農薬による蜜蜂の被害の全国的な発生状況を把握し、被害防止対策の検討の
基礎資料とするため、平成25年度から平成27年度までの3年間で、被害事例に関する調査を
実施しています。

養蜂家に対する呼びかけを強化した結果、過去の調査時(平成24年度:11件)より多い69件(平成
25年度)の被害事例が報告されました。

蜜蜂被害は、水稲の開花期に多く、水稲のカメムシ防除に使用した農薬(殺虫剤)を直接浴び
たことが原因の可能性があると考えられました。
ただし、蜜蜂からは、カメムシ防除に使用される複数の殺虫剤の成分が検出されている等、
どの殺虫剤が蜜蜂の被害を生じさせやすいかの推定はできませんでした。

(詳細はソース元にてご確認下さい)

蜜蜂被害事例調査の中間取りまとめ及び今後の対策について
平成26年6月20日
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/140620.html

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1403424552/

『ミツバチの大量死は水田のカメムシ用殺虫剤が原因?-- 農水省が調査』の続きを読む