ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    気候変動


    14923762229_6684be59bb_z(1)

    トランプ新政権は早々に、オバマ大統領とは全く異なるエネルギー政策の方針を立てることを明らかにした。

    1月20日、ホワイトハウスのWebサイトに、ドナルド・トランプが米国第45代大統領として就任した直後に、「米国第一エネルギー政策計画(An America First Energy Policy Plan)」と題する新しいページが登場した。
    『「気候変動対策を!?」トランプ政権…ホワイトハウス公式サイトから削除』の続きを読む



    世界各地でサンゴの白化が深刻化している一方で、予想よりはるかに良い状態のサンゴが残る「ブライトスポット」があることが、最新の研究で明らかになった。

    理由はシンプル、サンゴ礁で漁が程よく行われているからだ。
    『「伝統的な漁がサンゴ礁を!?」46カ国でサンゴ礁大調査で意外な傾向判明』の続きを読む

    1: ぱぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/17(木)17:28:50 ID:V6dKUtPH1
    中国で深刻化している微小粒子状物質「PM2.5」などによる大気汚染が、
    北半球における異常な巨大嵐や大量降雨、大寒波などの重大な気候変動の原因に
    なっているとする研究論文が16日までに、全米科学アカデミー紀要に発表された。
    論文は、昨年末から今年初めにかけて米国の東部を襲った異常な寒波にも
    影響していると指摘した。
    大気汚染が人体に深刻な影響を及ぼすことは多数報告されてきたが、地球規模の
    異常気象との関係が科学的に指摘され、衝撃が広がっている。
    (SANKEI EXPRESS)

    ■米科学者らが解析

    「(北半球で発生した)分厚く巨大な雲やおびただしい降雨を伴う嵐は、
    大気汚染の結果として生み出されたものだ」

    研究論文の主著者で、米カリフォルニア工科大学ジェット推進研究所の
    ユアン・ワン博士研究員はこう断言し、北京を中心とする中国の大気汚染が
    気候変動に重大な影響を及ぼしているとの認識を示した。

    ※参考画像
    中国・安徽省の都市で、〝濃霧〟に覆われ、
    上部だけが雲の上に浮かぶ高層マンション=3月

    no title


    ソース
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140417/chn14041716450005-n1.htm


    『【国際】巨大嵐、大寒波…中国の大気汚染が原因 地球の裏側まで影響、衝撃広がる』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.