ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    気象庁


    no title

    気象庁は16日、昨年10月に打ち上げた新型気象観測衛星「ひまわり8号」が撮影した動画を初めて公開した。

    観測の精度が大幅に向上し、台風の渦の動きを現在よりも鮮明にとらえた。気象衛星で世界初となるカラー画像により、黄砂の判別もしやすくなった。7月に運用を始める予定で、異常気象の監視や予測の向上が期待されている。 
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1429200514/
    1: ドリフトツタンカーメン ★ 2015/04/17(金) 01:08:34.96 ID:???*.net

    『「台風や黄砂くっきり!?」ひまわり8号撮影…サンプル動画公開 気象庁』の続きを読む

    no title

    1: 無糖果実 ★@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 07:11:25.32 ID:???0.net
     気象庁は26日、日本を含む北西太平洋域の二酸化炭素濃度を公表した。2013年の
    平均値と今年4月の平均値は、いずれも過去最高を更新した。海上や上空では、初めて
    400ppmを超えた。
     気象庁は、日本を含む北西太平洋域の陸上、海上、上空で、温室効果ガスの観測を
    実施。大気や海水中の二酸化炭素濃度の観測をしている。

    (詳細はソースをお確かめ下さい)

    kisho
    ▲陸上(大気中)では、綾里(岩手県大船渡市)、南鳥島(東京都小笠原村)、
    与那国島(沖縄県与那国町)の国内3か所で測定


    kaikuu
    ▲海上(日本南方)でも2014年冬季の洋上大気中の二酸化炭素濃度の平均値が
    400.6ppmとなり、
    1984年以降初めて400ppmを超えた。
      上空でも、日本の南東(神奈川県綾瀬市-南鳥島間)では、航空機で上空6km
    付近を観測した結果、
    二酸化炭素濃度の平均値は402.7ppmを記録。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140526-00000020-wordleaf-soci
    日本を含む北西太平洋域の二酸化炭素濃度の状況  - 気象庁


    参考記事:
    「400ppm」の報道で考える - 地球環境研究センター [2013年8月号]
    http://www.cger.nies.go.jp/cgernews/201308/273002.html
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1401142285/

    『【社会】日本周辺の二酸化炭素濃度、過去最高を更新。各地で400ppm超え』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.