ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    水素


    c0190190_12212851(1)

    昭和電工などは19日、アンモニアから燃料電池車(FCV)に使う水素を製造する技術の開発に世界で初めて成功したと発表した。

    アンモニアは水素を多く含むが、FCV用の水素燃料は高い純度が求められるなどの理由で作るのが難しかった。昭和電工では開発で「原料活用に向け大きく踏み出した」という。
    『「アンモニアから水素製造に成功!?」FCV用水素の“地産地消”が可能に』の続きを読む


    4087181226_699a0c984e_b(1)
    by ca_heckler

    経済産業省は30日の有識者協議会で、二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えた高効率な火力発電技術を実現するための工程表(ロードマップ)の最終案を示した。

    水素を燃焼させて発電する水素発電技術を42年ごろまでに確立し、温室効果ガスを平成62年までに17年比で80%削減する長期目標の実現に向けた切り札とする。6月中に完成した工程表を公表する。
    『「“水素”発電の道筋示す!?」経産省…温室効果ガス80%削減の切り札』の続きを読む


    no title

    経済産業省は16日、燃料電池車(FCV)に燃料を補給する水素ステーションを、2025年度までに現在の4倍となる320か所に増やす計画案をまとめた。

    FCVについては25年までに20万台、30年までに80万台の普及を目指す数値目標を設定した。経産省は規制緩和や補助金により企業の活動を後押しし、これらの実現を目指す。
    『「現在の4倍の320か所に!?」水素ステーション…25年度までに増設へ』の続きを読む


    honda-clarity-fuel-cell-1-1

    3分の充填で750キロの走行が可能だということです。

    ホンダは、水素を燃料とする新型車「クラリティフューエルセル」を、10日から企業や自治体向けにリース販売を開始します。 【動画あり】
    『「3分の水素充填で750キロ走行!?」ホンダ…企業向け燃料電池車を発売』の続きを読む


    no title
    (イメージ)

    水に光を当てて水素と酸素に分解するのに用いる新しい触媒を、京都大工学研究科の阿部竜教授や陰山洋教授のグループが開発した。

    可視光を利用し、触媒自体の劣化もないのが特徴で、次世代のエネルギー源として期待される水素の製造法の開発につながる成果という。米科学誌で12日発表した。 
    『「光で水分解!?」劣化しにくい…“触媒”新たな水素製造法に期待 京大』の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/09/06(土) 21:10:40.48 ID:???.net
    トヨタ自動車が2014年度内に市販を始める燃料電池車の車名を「ミライ」とする見通しになったことが6日、分かった。

    no title

    燃料電池車は走行中に水しか出さない「究極のエコカー」とされ、自動車や交通社会の「未来」をイメージしたとみられる。11月にも車両の概要とともに発表する。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1410005440/

    『「ミライ」トヨタ、初の市販燃料電池車…2014年度内に市販見通し』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.