ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    津波


     

    東日本大震災で壊滅した中心市街地の再生に取り組む岩手県陸前高田市は、かさ上げ後の新市街地の出店予定者マップを作製し市内全戸に配布した。

    建物はまだ建っていないが、市民にイメージをつかんでもらうとともに出店者増加につなげていく考え。
    『「新市街地マップ作成!?」陸前高田市…12メートル“かさ上げ”再生へ』の続きを読む

    1: ◆D4vNpalM5M 2014/04/18(金)14:27:51 ID:rExWasDZ6
    2014年4月18日
    『2011年に福島第一原発を襲った地震は、実際には津波による被害が
    炉心崩壊の事故を
    引き起こした。沖合いの石油採掘のためのプラットホーム上に
    原子力発電所を設置する
    と言うアイデアは、津波被害を回避するうえ、もし
    炉心融解が起こっても
    周囲の海水がこれを冷却するよう設計されるだろう。』
    MIT教授ヤコポ・
    ボンジョルノ氏マイケル・ゴレイ氏、ニール・トッドレス氏を始め
    ウイスコンシン大学の研究チームなどが米国機械学会が主催する小型モジュール炉
    シンポジウムで今週発表した。

    ボンジョルノ氏の説明によると、このようなプラントは5~7マイル(8~11km)沖合、
    水深100mに係留され海底ケーブルで陸地と接続。造船所等の電源に使用される可能性がある。
    既存の軽水炉および石油採掘プラットフォーム技術が転用可能なためローリスクで実現の
    可能性は極めて高い、とのこと。

    ロシアではすでに同様の計画が進行中でだが、これは海岸に停泊したもの。
    ボンジョルノ氏が言うには、このアイデアの最大の売りは、津波による影響の少なさと、
    非常時の加熱対策で原子炉格納容器自体を水中に置くことにより、より安全性が増すこと。
    また、新しい原発用の用地を得るのが難しい昨今、周囲の人口密集地に影響を与えにくい
    洋上に置くことにより地価のことを考えず設置できる。
    「これは日本のために大きな意味にがあるだろう」、
    インドネシア、チリ、アフリカ
    のような場所だけでなく、と彼は言う。

    http://newsoffice.mit.edu/2014/floating-nuclear-plants-could-ride-out-tsunamis-0416
    MIT News より

    動画youtube
    https://www.youtube.com/watch?v=8Xi-NPDEWKc




    ※原子力空母を沖に浮かべて、発電所にするようなモノだろうか。
    no title
    ▲イメージ

    『【原発】MIT、浮島型原子力発電所のアイデアを発表』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.