srez_sample_output-460(1)



David Garcia氏が開発した、非常に荒い解像度の写真を深層学習(ディープラーニング)を用いて高画質化するプログラムがGitHubで公開されている。

「srez」と名付けられたこのプログラムは、16×16ドットの低画質を縦横4倍の64×64ドットに引き伸ばす。その際に、深層学習で得られたパターンを参照し、非常に高画質に仕上げる。
『「荒い写真を高画質化!?」深層学習でドット絵のような写真もそれなりに』の続きを読む