ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    温室効果ガス


    91(1)
    ▲温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」

    国立環境研究所などは2日、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」が2009年に観測を始めて以降、地球大気全体のメタンの平均濃度が増加傾向にあると発表した。今年1月には過去最高を記録。

    二酸化炭素(CO2)に比べ約25倍も温室効果があるメタンが、地球温暖化の進行に影響している実態が明らかになった。
    『「メタンが過去最高!?」地球大気中の濃度上昇…温室効果はCO2の25倍』の続きを読む


    6287776721_93ca3e3caa_z


    地球温暖化対策をめぐって、環境省は、石油や石炭などによる温室効果ガスの排出に課税する炭素税の本格的な導入について議論を始める方針を固め、来年度予算案の概算要求に関連費用を盛り込むことにしています。
    『「炭素税導入!?」導入議論始まる…温室効果ガス排出に課税する炭素税』の続きを読む


    4087181226_699a0c984e_b(1)
    by ca_heckler

    経済産業省は30日の有識者協議会で、二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えた高効率な火力発電技術を実現するための工程表(ロードマップ)の最終案を示した。

    水素を燃焼させて発電する水素発電技術を42年ごろまでに確立し、温室効果ガスを平成62年までに17年比で80%削減する長期目標の実現に向けた切り札とする。6月中に完成した工程表を公表する。
    『「“水素”発電の道筋示す!?」経産省…温室効果ガス80%削減の切り札』の続きを読む


    no title

    最新号の英科学誌「ネイチャー」に掲載した研究報告書によると、もし、温室効果ガスの排出ペースが今と同じであれば、南極棚氷の融解により海面は2100年に1m以上上昇し、影響は最初の予想以上だと指摘した。

    『「影響度は予想以上!?」温室効果ガス減らなければ大きな影響も 米研究』の続きを読む


    no title
     
     環境省は、2013年度に日本国内で排出された温室効果ガスの量の速報値を発表した。火力発電の増加などによって、排出量は、統計開始以降、過去最大となった。 
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1417689023/
    1: Anubis ★@\(^o^)/ 2014/12/04(木) 19:30:23.44 ID:???0.net

    『「排出量は過去最大に!?」温室効果ガス…家庭部門は0.4%減少』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.