ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    漢字


    no title

    台湾メディアの聯合新聞網によると、台湾では繁体字(旧字体)のあり方をめぐる議論が活発になった。

    香港でも簡体字(大陸が定めた略字体)がよく使われるようになったとの指摘がある一方で、繁体字使用に誇りを示す人も多い。「世界遺産に申請を」との主張もあるという。
    『「簡体字に嫌悪感!?」中国とは違う国…台湾で“繁体字を守ろう”の声』の続きを読む


    no title

    10月25日、「ハナタカ優越館 日本人の3割しか知らないこと」(テレビ朝日)では日本の苗字で画数がもっとも多い漢字を紹介。たった一文字でなんと84画もあるのだそうだ。 
    『「日本で一番多い画数の漢字!?」84画…“たいと”苗字として存在する』の続きを読む


    no title
    (イメージ)

    2015年4月22日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、日本の小学生が学ぶ漢字1006字について紹介する投稿があった。

    投稿者は、小学校6年間のうちに学習することが文部科学省によって定められている漢字1006字の音読み訓読みの一覧表を紹介。中国の漢字は一部には複数の読み方があるものの、ほとんどの漢字には1つの読み方しかないため、日本語では1つの漢字につき多くの読み方があることに驚きを示している。 
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1429797890/
    1: 垂直落下式DDT(秋田県)@\(^o^)/ 2015/04/23(木) 23:04:50.30 ID:a4P3Wpjw0●.net

    『「俺は小学校卒業出来ない!?」中国人…日本の小学校の漢字に驚きの声』の続きを読む

    1: 16文キック(家)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 12:56:09.60 ID:4hq6ZKr+0.net BE:557665687-PLT(25252) ポイント特典

    no title
    稲佐の浜 弁天島(出雲市) by かがみ~
     
     島根県の認知度向上を目指す島根応援サイト「リメンバーしまね」では来月25日を締め切りに、「リメンバーしまね的!『しまねの一文字』を“こっそり”決めて応援グッズを作ろうプロジェクト」と題し、島根県の魅力や良さが全国に伝わる漢字1文字を募集している。
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1414036569/

    『「隠岐松葉ガニが貰えるかも!?」島根を表す“漢字1文字”募集中! 』の続きを読む

    no title

    1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 20:21:51.38 ID:???0.net
    活字と手書き異なる表記、解説書作成へ 「令」や「保」
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2001J_Q4A620C1CR0000/
    日本経済新聞 2014/6/20 11:55


     文化審議会の漢字小委員会は20日、「令」や「保」など、活字と手書きで字体が異なる
    常用漢字について、解説書作成に向けた議論を始めた。

    no title


     パソコンの普及で活字の漢字に接することが増えたが、学校の授業や役所に届け出る書類
    は手書きの漢字を使うことが多い。「令」は手書きの場合、中を「マ」と書く人が多く、
    「保」はもともと「木」を「ホ」と書いていた。文化庁によると、どちらの字体も間違いでは
    ないが、子供が混乱したり、役所が活字体で書類を書くよう求めたりすることもある。〔共同〕
    (詳細はソース元にてご確認下さい)


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1403263311/

    『「令」や「保」など、活字と手書きで異なる表記…解説書作成へ向け議論』の続きを読む

    10571971_dc0f653948_z
    by Julie Falk

    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/05/22(木) 22:02:36.93 ID:???0.net
    大人になって、「この漢字、読みかたを間違えてた!」なんてあらためて気づいたことは
    ありませんか? 子供の頃からすっかり思い込んでいた恥ずかしい「間違い」は、誰にでも
    あるものです。 そこで今回、大人のみなさんに、恥ずかしい勘違いを聞いてみました。

    ■みんなの前では言いたくない! 漢字の読み間違い
    ・「月極を『げっきょく』だと思っていた」
    (32歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
    ・「凝視を『ぎょし』と読むと思っていた」(
    27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
    ・「呉服を『くれふく』と読んでいました」(27歳/学校・教育関連/専門職)
    ありがちだな……と思ったあなた! まだ、自分が気づいていない間違いがある
    かもしれませんよ。

    ■日本語って難しい! 漢字が違うと大きな間違いに
    ・「上方漫才の意味を『髪型漫才』だと思っていた」(31歳/不動産/事務系専門職)
    ・「波浪注意報が『ハロー注意報』だと思っていた」(27歳/金融・証券/営業職)
    ・「ニコラスケイジを『ニコラス刑事』だと思っていた」(28歳/自動車関連/技術職)
    ・「台風一過を『台風一家』ってずっと思ってた」(26歳/人材派遣・人材紹介/秘書・
    アシスタント職)
    思わず笑ってしまいそうなこんな間違い。もしかしたら、ある種の癒やし効果さえあるの
    かもしれませんね。

    ■子供の頃の言い間違え。大人になってもそのままに
    ・「雰囲気を『ふいんき』と思っていた」(30歳/学校・教育関連/専門職)
    ■できるなら隠しておきたい、こんな恥ずかしい間違いも
    ・「キクラゲが『クラゲの仲間』だと思っていた」
    (26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
    ・「コワモテは『怖くてモテる人』だと思っていた」(26歳/情報・IT/事務系専門職)
    それはまずいでしょう、と思う間違いもありますが、想像すると思わず笑ってしまうものも。
    それこそ『コワモテ』の人がこんな間違いをしたら、ちょっと親近感が湧いてしまうかも
    しれません。

    誰でもありがちなこんな間違い。
    深刻な、というよりは、思わず笑ってしまうものが多く、友達の前でなら、笑いあって
    より親しみやすくなる、 イイものとも言えそうです。ただ、笑いの通じないシゴトなどの
    大事な場面では、ご注意を!

    (記事抜粋、詳細はソースをお読み下さい)
    ※『マイナビウーマン』にて2014年5月にWebアンケート。有効回答数197件
    (22歳~33歳の働く女性)
    http://woman.mynavi.jp/article/140522-78/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1400763756/

    『【話題】「ニコラス刑事」「雰囲気を『ふいんき』」大人になって気づいた読み間違い&勘違い』の続きを読む

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/12(土)11:35:57 ID:TRdhFroes
    漢字には音読みと訓読みがあり、それぞれ複数の読み方が存在することもありますね。訓読みは送り仮名を伴うことも多いのですが、そのせいで、読めそうで読めない、確信はないけどなんとなく想像して読んでいることはありませんか? 今回は、知っている字なのに、読み方に自信がない漢字について442名の読者に聞きました。

    Q.知っている字なのに、読み方に自信がない漢字を教えてください(複数回答)
    1位 予て(かねて) 40.3%
    2位 具に(つぶさに) 36.6%
    3位 徐に(おもむろに) 32.6%
    4位 質す(ただす) 27.6%
    5位 強か(したたか) 24.2%

    ■予て(かねて)
    ・「あらかじめ、しか知らなかったので」(35歳男性/機械・精密機器/営業職)
    ・「かねてはひらがなだとおもっていました」(41歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)
    ・「すぐ忘れる。漢字検定に向けて勉強はしていても、なかなか頭に入ってこない」(27歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

    ■具に(つぶさに)
    ・「具に、は夏目漱石とか読んでいたときは読めたけど、今いきなり出てくると読めないな……」(28歳女性/金融・証券/事務系専門職)
    ・「小説などに出てきても、『具に』は『ぐに』って今まで読んでました」(27歳女性/医療・福祉/専門職)
    ・「一般常識試験で書けなかった」(23歳女性/医療・福祉)

    ■徐に(おもむろに)
    ・「じょじょにと読んでしまいそうだから」(30歳男性/運輸・倉庫/技術職)
    ・「偶に頭から読み方が飛んでしまう。変換では使わない」(34歳男性/金属・鉄鋼・化学)
    ・「ひらがなでみるほうが多いので」(22歳男性/金属・鉄鋼・化学/営業職)

    ■質す(ただす)
    ・「これは意外と読めない」(31歳男性/金融・証券/専門職)
    ・「しっすと読みそう」(59歳男性/金融・証券)
    ・「PCでの変換はするが、手書きでは書かないから」(27歳女性/情報・IT/経営・コンサルタント系)

    ■強か(したたか)
    ・「まあ、昔の小説にはよく出てきた字だよね。最近の小説では小難しい言葉は使わないから」(45歳男性/電力・ガス・石油/技術職)
    ・「したたかは初めて知った」(24歳女性/マスコミ・広告/営業職)
    ・「きょうかと、読んでしまいそう」(32歳女性/情報・IT/クリエイティブ職)

    ■番外編:とりあえず強引に読んでいました
    ・荒む(すさむ)「一瞬あらむと読んでしまう」(27歳男性/マスコミ・広告)
    ・凡そ(おおよそ)「この読み方は知らなかった。今まで出会ったことがない」(26歳女性/通信/販売職・サービス系)
    ・先ず(まず)「マズはせんずと読んでいた」(33歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

    ●総評
    1位は「予て(かねて)」でした。以前から、前もって、という意味で、「予てより楽しみにしていた旅行」のように使います。「予め(あらかじめ)」なら読める人も多かったのですが、こちらの読み方はマイナーなようです。

    小説などに出てくることはあっても、自分の会話や文章中に登場することは少ないのかもしれませんね。

    2位は「具に(つぶさに)」でした。細かく、詳細に、という意味で「状況を具に報告する」のように使います。”ぐに”と読んでいた人が多く、今まで意味不明のまま読み流していたのか、突然味噌汁の具を想像していたのかが気になります。

    3位は「徐に(おもむろに)」。不意にゆっくりと、という意味で「老人は徐に立ち上がった」のように使います。ほとんどの人が「『徐々に』『徐行』としか使わない」という意見と同じではないでしょうか。「自分が知っていても、相手がわからないかもしれないので、使えない」という配慮で漢字を使わない人もいて、ますます浸透しないのかもしれません。

    音読みではわりと馴染みのある漢字ばかりなのに、送り仮名付きでは「唐突に出てくると厳しい」「ぱっとみたら読めなさそう」という人が多数。その一方で、読書家が多かったのか漢字検定が定着してきたのか、「どれも読み方には自信がある」という人も少なくなかったのが印象的でした。
    http://woman.mynavi.jp/article/140411-135/


    関連動画:
    「まるしばの漢字テストよめるかな? がんばって編」- Youtube

    ほとんど読めね、いや、いつ使うの...



    4: 名無しさん 2014/04/12(土)11:58:44 ID:2IsBeTmcW
    鏖 この字にカーソルをあてて反転し、「変換キー」を押せば候補が幾つかでてくるよ。

    no title

    引用元:http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397270157/
    『【話題】知っている字なのに、読み方に自信がない漢字1位「予て(かねて)」』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.