ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    火星


    323589662_83d5320e89_o
    (イメージ) 
    【カイロ秋山信一】アラブ首長国連邦(UAE)のムハンマド副大統領は14日、100年後の2117年までに火星に人類が居住可能な小都市を建設するプロジェクトを推進する方針を明らかにした。
    『「火星居住計画を発表!?」UAE…2117年までに人類居住可能な小都市建設』の続きを読む


    no title
    ▲船長、止まりませーんっ! (イメージ)

    米航空宇宙局(NASA)による現在の推測では、人が火星まで行くのに最短でも5カ月かかるという。

    NASAの科学者フィリップ・ルービンは、「NASA 360」向けの動画のなかで、ひとつの可能性を述べている。「光子推進(レーザー推進)」を利用したシステムなら、わずか3日で火星まで到達できるというのだ。

    このシステムは、簡単に言うと、大出力レーザーを宇宙船に照射することで超高速を実現させるというものだ。【動画あり】 
    『「3日で火星まで到達!?」大出力レーザー推進を利用したシステムなら…』の続きを読む


    no title

    ペルー産のジャガイモは宇宙で必要な資質となるだろうか。来月、ペルーの首都リマ(Lima)で研究者らが、ジャガイモが火星での栽培に適しているかどうかを調べる実験を開始する。
    『「火星でジャガイモ栽培!?」NASA…ペルーで栽培に適しているかを実験』の続きを読む


    no title
    (イメージ)

    ロスコスモスの中央機械建設中央学術研究所有人計画課長オレグ・サプルィキン氏によれば、月面における作業には、人間が地球または宇宙空間から操作するアヴァターロボットが使用されるかも知れない。 
    『「月を植民地化!?」ロシア学者…遠隔操作アヴァターロボ使用されるかも』の続きを読む


    no title
    ▲パカっ! こんな想像しかできなくて...

    最新の分析によれば、火星の衛星フォボスは崩壊しつつある。

    NASAのゴダード宇宙飛行センターに所属するテリー・ハフォード氏らのチームは、11月11日の米国天文学会惑星科学部会の年次総会で、フォボスの表面に何本も走る長く浅い溝が火星の潮汐力でゆっくりと引き裂かれている最初の兆候だと発表した。
    『「火星の衛星がもうすぐ崩壊!?」フォボス…原因は近すぎる火星の潮汐力』の続きを読む


    no title

    米航空宇宙局(NASA)は、推進剤を使わずに宇宙空間での加速が続けられる新型推進機関「EMドライブ」のテストに成功した。

    EMドライブを使うと月までは4時間、火星まで10週間で到達可能となる。既存技術では数十万年かかるアルファ・ケンタウリ(地球から約4.3光年)への宇宙旅行も100年まで短縮できる。
    『「月は4時間火星は10週!?」EMドライブ実験成功…宇宙旅行を劇的短縮』の続きを読む


    no title

    【CNN】米航空宇宙局(NASA)は5日、かつて豊かな大気や水に満ちていた火星を現在のような姿に変えたのは太陽風だったとみられることが、探査機「MAVEN」の観測で分かったと発表した。

    数十億年前の火星は濃い大気に覆われ、気候は温暖で豊かな川が湖や海に注いでいたというのが定説とされる。しかしそれを現在のように乾燥した冷たい惑星に一変させた理由は解明されていなかった。
    『「不毛の原因は太陽風!?」火星は太陽風の影響で不毛の惑星に…NASA観測』の続きを読む


    154295132_950ebc1908_z

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、火星の衛星に着陸し、砂や氷などを採取して地球に持ち帰る無人探査機を、2021年度をめどに打ち上げる計画を明らかにした。

    政府の宇宙政策委員会の小委員会で説明し、大筋で了承を得た。
    『「次は火星の衛星!?」JAXAサンプルリターン計画…2021年度にも打ち上げ』の続きを読む


    no title
    (イメージ)

    【AFP=時事】米航空宇宙局(NASA)の火星無人探査車「キュリオシティー(Curiosity)」が初めてカラーで捉えた火星の夕日の画像が公開された。


    画像は、キュリオシティーに搭載されたマストカメラ(Mast Camera、MastCam)の左側カメラによって、火星でのミッション開始から火星日で956日目に当たる先月15日、ゲール・クレーター(Gale Crater)から撮影された。
    『「火星の夕焼けは青い!?」NASA…カラーでとらえた火星の夕日が幻想的』の続きを読む


    no title

    3月上旬、日の入り後の西の空で金星、火星、天王星が並ぶ。金星と火星は肉眼で見えるが、天王星を見るには双眼鏡が必要だ。日々位置が変わるのを確かめてみよう。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1425078011/
    1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2015/02/28(土) 08:00:11.85 ID:???.net

    『「惑星直列か!?」15年3月上旬…金星、火星、天王星が並んで見える』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.