ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    炒飯


    no title
    ▲炒してる...

    英ギネス・ワールド・レコーズ社は26日、「揚州チャーハン(炒飯)」で名高い中国江蘇省揚州市で、「世界最大のチャーハン」の記録認定をめざした約4トンのチャーハンについて、記録を認定しないと発表した。
    『「4トンがブタのエサ!?」世界最大の炒飯…ギネス認定ならず 中国』の続きを読む

    1: ぱぐたZ~時獄篇◆fEbKMTmIyQ 2014/03/20(木)14:07:44 ID:EaTeftTIG
     
    中国メディアの新唐人電視台はこのほど、日本のアンケートを引用し、
    日本人が好きな中華料理ランキングで麻婆豆腐(マーボードーフ)が
    1位となったことを伝えた。同ランキングによれば、2位はチャーハン、
    3位は肉まん、4位は春巻き、5位は餃子となった。

    中国大手検索サイト百度の掲示板には、なぜ日本人はチャーハンが
    好きなのかを討論するスレッドが立てられたので覗いてみた。中国人にとって
    チャーハンはあまりに身近すぎるのか、スレ主は、「中国ではチャーハンは別に
    特別な料理ではなく、余ったご飯で作る料理という印象なのに、
    なぜ日本ではこんなにチャーハンが好まれるのだろうか?」と疑問を呈した。

    スレ主の疑問に対し、中国人ネットユーザーからは「簡単に作れるからではないか」、
    「すぐ作れて、コメを使っているから日本人の口に合うのだろう」など、さまざまな理由が挙げられた。

     確かに日本人はコメを主食とする民族であり、コメを使うチャーハンが好まれるというのは
    理解できる点だ。中国では主食として扱われる餃子が、日本ではごはんのおかずとして
    扱われている点からも、日本人のコメ好きが見て取れるというものだ。
    また、日本と中国のチャーハンが本質的に違うことを指摘するユーザーもいた。
    中華料理で使用する油の量は日本人からすると半端な量ではなく、中国ではチャーハンも
    油がたっぷり使われており、食べ終えた皿にはギトギトの油が残るほどだ。一方、
    日本のチャーハンはパラパラに炒めることが美味しいとされることが多い。

     それに加えて「日本のコメは美味しくて質が高いから」と、特に日本のコメで作る
    チャーハンだから人気があるとの意見もあった。つまり、日本人が好むチャーハンは
    「中国のチャーハン」ではなく、「日本人の好みにアレンジされたチャーハン」とも言えるだろう。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8651033/

    no title
    by ManEatManila http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395292064/ 『【グルメ】中国人「なぜ日本であんなにチャーハンが人気あるの?」』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.