ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    無線


    wireless(1)

    世界的に電気自動車の普及が加速する中、充電の手間を減らそうと、車体にケーブルをつなぐことなく無線で充電できる「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっています。 【画像あり】
    『「実用化の動き!?」EV向け“ワイヤレス充電”実用化のめどが立つ…IHI』の続きを読む


    graphic(1)


    スイス連邦工科大学ローザンヌ校の学者が、麻痺肢の運動性を取り戻す方法を発見した。彼らは、脳と脊髄の間の破壊されたつながりを戻すことができる神経インプラントを開発した。それゆえ、新たな方法は全世界の障害を持つ数千の人々の希望となるかもしれない。 【動画あり】 
    『「神経を無線で接続!?」脳の信号を下半身へ…半身不随の猿を歩かせる』の続きを読む


    3962511688_4e75d3d7ff_z(1)

    FAAが旅客機との交信用に使用している航空無線を廃止し、通信は全て「Data Comm」と呼ばれるテキストメッセージングを使用する方針を決定したことが27日までに明らかとなった。

    航空無線は、航空管制が旅客機のパイロットの間で交信を行うために使用されているもので、現状においては飛行場での離着陸許可などは全て、航空無線を使用した音声通信でやり取りが行われている。

    しかし、航空無線を使った音声による交信方式は、パイロットによる聞き取りミスなどでこれまでも様々な問題を起こすなど、問題が指摘されていた。
    『「テキストメッセージへ移行!?」米当局…交信用の航空無線廃止の方針』の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/04/03(木)14:24:09 ID:NCU1VH2Cr
    <宇宙発電>無線送電技術進み 30年代後半、実用化目標
    毎日新聞社 2014年4月3日 13時23分 (2014年4月3日 13時48分 更新)

    宇宙空間に巨大な太陽光パネルを広げ、天候に左右されず24時間地上へ
    電気を送る「宇宙太陽光発電」。
    SFチックな夢物語かと思いきや、新しいエネルギー基本計画の政府原案で
    重点課題に挙げられ、核になる無線送電技術の合同実演会が初めて開かれるなど、
    にわかに活気づいている。
    目標とされる2030年代後半の実現はなるか。【山田大輔】

    Mainichi_20140403k0000e020235000c_1

    「オオッ……」。縦横1メートルほどの送電アンテナから約10メートルを
    隔てた日本地図の電飾が明滅し、
    四角いロボットが走り出すと、どよめきが起こった。
    京都大宇治キャンパスの実験棟で3月に開かれた実演会。
    アンテナは首を振らなくても狙った方向に電気を飛ばせる。
    三菱電機がレーダー開発で培った「フェーズドアレイ」の技術だ。
    「宇宙から東北へ、九州へと電気が足りない地域に自在に送れるようになる。

    『【科学】 宇宙空間に巨大な太陽光パネル「宇宙発電」無線送電技術進み 30年代後半、実用化目標』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.