no title

九州北部で4日、微小粒子状物質「PM2・5」の大気中濃度が高まった。

福岡管区気象台によると、福岡市、佐賀市、長崎市などで、空気中の乾いた微粒子により視界が10キロ未満になる現象「煙霧」が発生し、見通しが悪い状況が続いた。
『「九州北部で高濃度!?」福岡で煙霧発生…中国からのPM2.5濃度100μg超え』の続きを読む