ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    特許侵害


    Interieur_-_Pieter_de_Hooch(1)
    ▲私のほうが300年くらい先です...
     
    中国のスマートフォンメーカーが「iPhoneは同社のスマートフォンのデザインをパクっている」として特許侵害を訴え、北京市でiPhoneの販売停止命令がAppleに下されましたが、今度は「iPhoneやiPad、iPodは私のデザインを盗んでいる」と主張する男性により訴えられました。しかも、訴えを起こした男性は100億ドル(約1兆270億円)というものすごい額の賠償金を求めています
    『「私が15年早く発明!?」賠償1兆円…Appleを"パクり”と提訴する男出現』の続きを読む


    no title

     中国で開発されたインフルエンザ薬が、富山化学工業(東京)が開発しエボラ出血熱の治療薬として期待されている「アビガン(一般名・ファビピラビル)」の特許権を侵害している可能性があるとして、同社のグループ企業である富士フイルムが調査を始めたことが27日分かった。 
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1417089276/
    1: ひろし ★@\(^o^)/ 2014/11/27(木) 20:54:36.58 ID:???0.net

    『「ひょっとしてパクられてる!?」中国製インフル薬“JK-05”アビガンの特許権侵害か』の続きを読む

    1: それなり◆XonGXAywZYD. 2014/04/25(金)00:30:31 ID:IlxybbZx2
    iPod技術 2審も特許侵害 - NHK 首都圏 NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140424/3987621.html



    《ニュースの紹介》
    NHKは、iPodで使われている、クリックホイールの技術についての特許侵害訴訟で、24日、
    アップルが二審も敗訴、3億3,000万円の支払いを命じられたと伝えている。
    このクリックホイール技術は、山梨県に住む発明家の 斎藤憲彦さん(57)が特許を取っていたもので、
    斉藤さんはアップル日本法人側に特許権侵害として100億円の支払いを求め、一審では勝訴していた。
    斉藤さんは会見で、
    「自分の特許が認められたことは満足しているが、賠償額が低すぎると思う。
    発明家や中小企業に夢や希望を与える結果とならず残念だ」
    と話しているとのこと。

    詳細はリンクから記事全文を読んで下さい。

    ※クリックホイール
    iPodの画面の下についている、円形でくりくりすると画面が操作できて、
    押すとボタン操作ができるアレのこと。

    no title
    by Glen Bowman

    去年の一審についてのニュース

    http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/09/26/kiji/K20130926006692680.html


    『【経済】アップル、山梨の発明家に特許侵害で二審も敗訴。賠償金3億3,000万円』の続きを読む

    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/18(火) 14:59:28.99 ID:???
    ソースはギガジン
    http://gigazine.net/news/20140218-samsung-sue-dyson/

    サムスンがイギリスの家電メーカー・ダイソンに対して100億ウォン(約10億円)の損害賠償を
    請求しました。その理由は、「特許侵害を理由にサムスンを訴えたダイソンの訴訟提起によって
    サムスンのブランドイメージが傷つけられたから」というものです。
    Samsung files $9.43mil. suit against Dyson
    http://www.koreatimes.co.kr/www/news/tech/2014/02/133_151684.html
    Dyson denounced as 'patent troll' by Samsung (Wired UK)
    http://www.wired.co.uk/news/archive/2014-02/17/dyson-samsung-lawsuit

    サムスン電子が日本の地方裁判所にあたるソウル中央地方法院に対して、
    「ダイソンが業務妨害行為により同社の名誉・信用を傷つけることでマーケティング活動を
    阻害した」ことを理由に100億ウォン(約10億円)の損害賠償を求める訴えを起こしました。
    訴状によると、ダイソンによる度重なる特許権侵害の訴えによってサムスンは「模倣者」に
    仕立て上げられブランドイメージが傷つけられたとのこと。

    サムスンとダイソンの間ではこれまでにも特許侵害に関して法廷での争いがあり、2009年には
    ダイソンがサムスンによる特許侵害をイギリスの裁判所に提訴し59万ポンド(約1億円)の損害賠償が
    認められています。
    ダイソンは2013年8月にも、サムスン製のサイクロン型掃除機「MOTIONSYNC」が
    ダイソンの持つ特許を侵害していることを理由に訴訟を起こしています。
    こちらがそのサムスン製「MOTIONSYNC」
    no title


    2013年8月の訴訟は、サムスン側が先行技術の存在を示したためダイソン側が訴訟を
    取り下げることで終了しました。
    しかし、サムスンの広報担当者はコリアタイムズに対して、「ダイソンの根拠のない訴訟によって
    サムスンのマーケティング活動は大きく影響を受けており、もはや耐えることはできません」
    と話しており、今回の報復的な損害賠償訴訟の提起に至ったようです。

    今回のサムスンの報復行為については、「100倍以上の企業規模を誇るサムスンが
    ダイソンを訴えるのは稚拙」という評価もちらほら見受けられます。
    また、サムスン側はダイソンを「パテント・トロール」と表現していますが、
    サイクロン型掃除機のパイオニアとして市場をリードするダイソンに対して
    パテント・トロールという表現が似つかわしくないことは明らか。
    「今回のサムスンの報復行動は公園の砂場を支配するいじめっ子のようだ」とWIRED(UK)は
    表現しています。

    なお、ダイソンのマックス・コンツCEOは2013年9月にドイツ・ベルリンで開催された
    家電見本市「IFA」で韓国メディアに対して、「(サムスンのMOTIONSYNCは)詐欺的な製品だ」
    と評して話題となっていました。
    ダイソンは、自動車機器メーカーとして市場最大シェアを持つボッシュや
    ライバル家電メーカーであるVaxなどを相手にしても一歩も引かずに訴訟を繰り広げ、
    自社の知的財産権を強固に守り抜く姿勢で知られています。
    サムスンの損害賠償訴訟に対してダイソンがどう対抗していくのか注目です。

    -以上です-

    『【裁判】ダイソンの特許侵害をしたサムスン「訴訟によってブランドイメージが傷つけられた」 10億円の損害賠償を請求[14/02/18]』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.