ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 11:38:20.15 ID:???0.net

    no title

    猫がネズミを追いかけて走った。

    猫が走るのを見た犬が猫を追いかけて走り出した。
    ネズミは壁の隙間に逃げ込み、猫がそれに続いた。犬も。

    しかし...
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1412131100/

    『「そんな顔しないで!?」鼠を追う猫を追って犬だけ壁の隙間に挟まる』の続きを読む

    1: キャプテンシステムρφ ★@\(^o^)/ 2014/08/09(土) 16:52:01.12 ID:???0.net
     
    11598643015_bf545f2fa8_z
    ▲中国四川省 成都市  by michel_china

    中国でセグウェイを使って犬の散歩を行う男性の写真がネットに投稿され、大きな話題となっています。 成都で撮影された写真によれば、白いふわふわした犬と飼い主と思われる男性が路上を走る様子が映し出されています。 犬は飼う主の男性のスピードに合わせて走っていたとのことで、「とてもキュートだ!」と投稿者は語っています。 
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1407570721/

    『セグウェイを使って犬の散歩をする男性の写真が撮られる…中国』の続きを読む

    jerky-treat

    1: ◆iTA97S/ZPo 2014/06/30(月)07:02:35 ID:???
    中国産ジャーキーが原因? 米で犬1千匹死亡

     米国でペット用ジャーキーを食べた犬が体調を崩したり、死んだりする被害が
    相次いでいる。製品に含まれる中国産の原料が関係しているとみられるが、複数の
    メーカー製で被害がでており、症状にもばらつきが多く、なぞが多い。
    米食品医薬品局(FDA)は、原因解明を急ぐとともに、むやみに与えないよう
    飼い主に注意を呼びかけている。

     米議会の公聴会で17日に証言したFDAのフォーファ副部長によると、ジャーキー
    による被害は2007年から出始め、今年5月までに4800件の届け出があった。
    犬5600匹以上が食後に吐いたり、下痢をしたりして1千匹以上が死んだ。

    (詳細はソース元をご確認下さい)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00000005-asahi-int
    Pet Treats and Processed Chicken from China: Concerns for American Consumers and Pets -
    FDA(英語)

    no title
    ▲自主的にリコールされた製品

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1404079355/

    『「飼い犬の死亡が相次ぐ!?」米国で1千匹以上…中国産ジャーキーが原因か』の続きを読む

    298036010_b28c3c8a8d_z
    by Pamela Carls

    (※イメージ)


    1: \(^o^)/@Ttongsulian ★ 2014/05/19(月) 11:30:11.68 ID:???.net

    $2,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000

    ・・十、百、千、万・・・億、兆、京、垓、𥝱、穣、溝、澗!!!


    18日付の米紙「ハフィントン・ポスト」によると、犬に噛まれて怪我をした米ニューヨ
    ーク在住の男性(62)プリシマさんがニューヨーク市、市の交通局、ファーストフード
    店、地元の病院2軒、スーパー、パン屋さん、空港、犬の飼い主であるスペイン系の女性
    やその他の市民に対して2澗(かん)(澗=10の36乗=0が36個)ドルの損害賠償を
    求める
    訴訟を起こした

    プリシマさんは公民権侵害、人身傷害、国籍差別、詐欺、殺人未遂、情緒障害などの罪で
    マンハッタン連邦地裁に手書きの訴状(計22ページ)を提出した。最後、唯一の証拠と
    して、彼が犬に噛まれた血だらけになった手の指の写真を訴状に添付した。

    米国メディアはこれを「史上で一番軽率な訴訟」と称している。地球上の全ての金を集め
    ても足りない。2澗ドルはいったいいくらになるか?2の後には36個の0が並ぶ。

    2014/05/19 10:29
    http://www.xinhuaxia.jp/social/34950

    http://www.dailymail.co.uk/news/article-2631922/New-Yorker-files-worlds-largest-lawsuit-seeking-2-000-000-000-000-000-000-000-000-000-000-000-000-000-damages-dog-bite.html
    Worlds-Largest-Law-Suit-Sugar-Daily


    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1400466611/

    『【米国】犬に噛まれて怪我をした男性が2澗(10の36乗)ドルの損害賠償を要請』の続きを読む

    no title

    1: それなり◆XonGXAywZYD. 2014/05/15(木)10:55:17 ID:EiDORNJnT
    猫が猛犬に体当たり、飼い主の子ども救う 米CNN
    http://www.cnn.co.jp/m/usa/35047911.html

    《ニュース概要》
    “米カリフォルニア州ベーカーズフィールドで、幼児を襲った犬に飼い猫が体当たりして撃退し、幼児を救う出来事があった”5月15日配信のCNNが伝えています。猫の名はタラ。


    『【海外の話題】猫が猛犬に体当たり、飼い主の子ども救う 米(CNN)』の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/03/26(水)04:59:12 ID:qLW8tukqx
    ★驚くべき癒し力!犬が飼い主を「意外な病気から守ってくれる」と判明
    2014/03/22 17:00
    http://wooris.jp/archives/70522


    飼い主にとって数えきれない癒やしを与えてくれる犬ですが、遥か昔は狩りのパートナーであり、
    私たちを危険から守ってくれる役割を果たしていました。

    それだけではありません。「犬は私たちのライフセイバーです」と語るペンシルバニア大学獣医学科の
    シンディー・オトー氏によれば、犬は時として人間を実際の病気から守ってくれるとのこと!

    ■1:うつ病
    毎日家へ帰ってくるたびに「おかえり、おかえり?!」と歓迎してくれる愛犬。そんな犬はあなたを
    ハッピーにしてくれますが、それだけではなく、ストレスや不安感も取り除いてくれるのです。
    とくにうつ病の人は、薬を飲むよりも犬を飼う方が効果があると主張する医師もいるとのこと。

    ■2:がん、糖尿病、てんかん
    犬の嗅覚は、人間の100万倍から1億倍も優れているとされますが、それによって、なんとガン細胞の
    発する臭いを嗅ぎ分けることができるかもしれないのです! 
    とくに最近では、普通の検査ではわかりにくい卵巣がんなどを犬が嗅ぎ分けるということを示す実験
    結果も判明しており、実際にペンシルバニア大学獣医学科では、そういった犬のトレーニングが始まっているそうです。

    ■3:肥満、心臓病
    犬を飼うと、嫌でも朝晩お散歩することになりますよね。これは、飼い主の健康にとって大きなプラスになります。
    無理矢理にでも歩かされるので、運動不足で太り過ぎの人にとっては、よい習慣となるでしょう。
     
    (その他詳細はソースにて)

    no title
    by 
    Cia de Foto
    『【動物】驚くべき癒し力!犬が飼い主を「意外な病気から守ってくれる」と判明』の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/03/24(月)18:07:16 ID:L3lheznmb
    ありまくりありまくりまくりまくり

    フィンランドのマジシャン & メンタリスト ホセ・アホネン (Jose Ahonen) が、8匹のイヌの
    目の前から「おやつを消してしまう」マジックを披露、YouTube上でわずか3日間に300万回
    再生の大人気に

    嗅覚の鋭い彼らには通用しないかと思ったけど、みんな個性的なリアクションに、なんだか
    親近感と愛があふれまくれる

    https://www.youtube.com/watch?v=VEQXeLjY9ak


    http://japan.digitaldj-network.com/articles/27812.html
    no title
    no title
    no title
    no title

    『犬たちに「マジックは通用するか?」 やってみたwwwwww』の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/03/24(月)17:54:18 ID:OBAOn7PE9
    まるでライオンのよう? 米ソーシャルサイトに先日、女性が巨大なわんこと戯れ
    ている写真が投稿され話題を呼んでいる。
    投稿者の説明によると、このわんこはレオンベルガーというドイツ原産の大型犬
    だという。
    ジャパン・ケネル・クラブのホームページに掲載されている品種紹介では、
    レオンベルガーの一般的なサイズ(体高)は「牡が72~80センチ、牝が65~75セン
    チ」というが、写真のわんこはお座りした状態で女性の肩くらいまでの高さがあり、
    レオンベルガーの中でも体が大きいのかもしれない。
    パッと見の印象は、とにかく巨大。日本の街中ではまず見かけることがなさそう
    なサイズだ。

    この写真についてソーシャルサイトredditやTwitterでは、
    「かわいいわんこだな(笑)」「ライオン・キングのシンバだね」
    「くまちゃんだ。キュートなテディベア!」「抱きつきたい!」
    などの声と共に、「ホビットサイズの女の子に馬並みの犬じゃ、ハッキリした
    ことがわからん」「バナナでの比較を希望」
    「犬ってこんなデカくなるのか?」などと、その驚くべきサイズ感を疑う声も出

    『【画像】巨大わんこ「レオンベルガー」の驚くべき大きさが話題に』の続きを読む

    1: 伊勢うどんφ ★ 2014/02/26(水) 00:57:56.42 ID:???0
    -犬は人間にとって「最良の友」━━。
    それを裏付けるような、犬が人間の感情を理解している可能性を示す研究結果が、ハンガリーの科学者によって明らかにされた。

    ハンガリー科学アカデミーの研究チームは、MRI装置(磁気共鳴画像装置)内で動かないよう11匹の犬を訓練し、
    約200種類の音を聞かせ、脳の神経画像を撮影。同様の実験で撮影した人間の神経画像と比較した。
    その結果、泣き声などの感情的な音に対して犬が人間と同じように処理していることが分かった。

    エトゥベシュ・ロラーンド大学(ELTE)のアッティラ・アンディクス氏は、人間と非霊長類の脳の機能を比較した初の研究だとし、
    「犬と人間が似たような社会環境を共有していることは長い間知られていることだが、われわれの研究結果により、
    社会的な情報を処理する脳のメカニズムも似ていることが判明した」と語った。

    研究チームは、犬が人間の感情を理解し得ると分かれば、飼い主のペットへの接し方も変わり、新たな「犬生観」をもたらすことにつながるとしている。

    http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYEA1N03O20140224
    no title
    ※イメージ                     by Beverly & Pack

    『【科学】犬は人間の感情を理解、ハンガリーの研究者が科学的検証』の続きを読む

    1: ダイビングエルボードロップ(愛知県) 2014/01/26(日) 19:26:10.77 ID:aXL7os90P BE:585369252-PLT(12122) ポイント特典
    犬といえば、長い間人類とともに過ごしてきた親友だ。そんな犬の始まりをゲノム解析によって探ったレポートが、専門誌『PLOS Genetics』に発表された。遺伝子研究には縁のない人にも、犬好きなら思わず興味をひかれるような結果が書かれていたので皆さんにご紹介したい。

    新事実その1)犬と人間が共に暮らすようになったのは、1万1000~1万6000年も昔

    これは人間が農耕を始める前のこと。犬と人間が一緒に暮らすようになった当初、人間は狩猟文化だったのだ。犬と人間が暮らし始めた時期については、「人間は狩猟をしていた」派と「農耕をしていたはずだ」派に専門家の意見も分かれていた。
    犬の持つでんぷんを消化する酵素であるアミラーゼをコードする遺伝子(AMY2B)は、人間と暮らし始めたときには、農耕が行われていた証拠だと思われていたのだ。ちなみにディンゴやハスキーにこの遺伝子はない。

    新事実その2)当時人間と暮らし始めたのは、“犬とオオカミの祖先”

    ゲノム解析の結果、当初飼われていた動物は、正しくは“犬”ではなく、“犬とオオカミの祖先”だと判明した。犬がオオカミから進化したのではなく、両方とも絶滅した“オオカミっぽい”イヌ科の生物から進化したのだというのだ。

    オオカミは犬の先祖だと思っていた人も多いのではないだろうか? 犬はオオカミと比べて異種交配が行われていたため、種類ごとに特徴も大きく変わり、進化史が分からなくなっていたのだとか。

    はたしてこの研究が、犬の進化史を書きかえることになるのだろうか?

    http://irorio.jp/jpn_manatee/20140126/106264/
    no title
    ※イメージ

    『オオカミは犬の祖先ではないことが判明!共通の祖先から枝分かれ ゲノム解析で新事実』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.