ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    理研


    palladium(1)

    原子力発電所の使用済み核燃料を再処理すると、高レベル放射性廃棄物が発生します。高レベル放射性廃棄物はガラス固化し、地下深くに埋めて処分する必要があります。

    しかし、その中には半減期の長い「長寿命核分裂生成物(LLFP)」が含まれているため、長期保管には不安があり、また処分場がなかなか決まらないことも社会的問題になっています。そこで...
    『「低減化・資源化!?」高レベル放射性廃棄物…核変換法の確立への挑戦』の続きを読む


    no title

    理化学研究所や京都大などの研究グループは、アトピー性皮膚炎の原因となる遺伝子を、マウスを使った実験で突き止めたと発表した。

    新たな治療薬や予防法の開発などにつながる成果という。米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」電子版に26日、掲載される。
    『「ワセリンで予防の可能性も!?」アトピー性皮膚炎…原因遺伝子を発見』の続きを読む


    no title

    理化学研究所(理研)が、株式会社ExaScaler、株式会社PEZY Computingと共同で一部設置を完了させた2 PetaFLOPS級の液浸冷却スーパーコンピュータ「Shoubu(菖蒲)」の初期計測実験において計測された性能数値の一つである7.03ギガフロップス/ワット (GFLOPS/W)が、2015年8月1日に発表された最新のスーパーコンピュータランキングの消費電力性能部門である「Green500」において、世界第1位を獲得致しました。
    『「世界第1位を獲得!?」スパコン“Shoubu(菖蒲)”…Green500で 理研』の続きを読む


    no title

    STAP細胞論文問題をめぐり、理化学研究所が、10日午後、論文の不正を認定された小保方晴子元研究員について、「懲戒解雇」処分に相当すると発表することがわかった。
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1423548493/
    1: 野良ハムスター ★ 2015/02/10(火) 15:08:13.82 ID:???*.net

    『「懲戒解雇に“相当”!?」捏造認定…理研、小保方晴子氏の処分を発表』の続きを読む


    no title
    ▲STAP細胞について発表する小保方氏(2014年1月)

    STAP細胞の存否を確かめる理化学研究所の検証実験で、小保方晴子氏の実験でもSTAP細胞が全くできなかったことが18日判明した。
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1418861390/
    1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2014/12/18(木) 09:09:50.72 ID:???.net

    『「STAP細胞、作製できず!?」小保方氏検証実験…存在可能性は極めて低く』の続きを読む

    1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 08:25:50.94 ID:???.net

    no title
    (※イメージ) by pni
     
     遺伝子操作したマウスを使い、「嫌な記憶」を「楽しい記憶」に書き換える実験に、ノーベル医学生理学賞受賞者で、理化学研究所の脳科学総合研究センター長を務める利根川進博士らの研究チームが成功した。  論文は27日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1409181950/

    『光で記憶書き換え!?「嫌な記憶」を「楽しい記憶」 マウスで成功』の続きを読む

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 21:23:38.29 ID:???0.net

    no title

     100年以上前に書かれたH・G・ウェルズの小説『透明人間』から、体に巻くだけで透明人間になれる映画『ハリー・ポッター』の“透明マント”まで、自らを透明にするという魔法はたびたびサイエンスフィクション(SF)に登場してきた。人類が昔から空想し、憧れてきたこのテクノロジーが今、まさに実現されようとしている。最先端科学が実現した、光を自在に操る人工物質「メタマテリアル」がその魔法を解き明かす。(藤木信穂) 
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1407846218/

    『「透明マント現実に?」…3次元構造の人工物質「メタマテリアル」』の続きを読む

    1: 紅茶家電◆gJlUXgVCjw 2014/05/01(木)20:48:10 ID:3Ncr3X6xh
     新たな万能細胞とされたSTAP細胞の論文問題で、小保方晴子氏の不正を認定した
    理化学研究所調査委員会の委員の論文に、画像の切り貼りなど加工の疑いが指摘されて
    いることが1日、分かった。
    理研は、理研に所属する委員の論文について、本格的な調査が必要かどうかを判断する
    ための予備調査を始めた。

     新たに指摘があった調査委員は、理研の古関明彦グループディレクターと真貝洋一主任
    研究員、東京医科歯科大の田賀哲也教授。

     2003~11年に発表された論文のうち、古関氏が責任著者を務めた4本や、石井氏と
    真貝氏の共著の1本、田賀氏が責任著者である2本の計7本に指摘があった。DNAを分離
    する電気泳動という実験の画像の切り貼りや、細胞の写真の使い回しがあるのではという
    内容で、理研は田賀氏の論文を除く5本を予備調査の対象とした。

    産経新聞
    http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/140501/cpb1405011931003-n1.htm
    〈関連〉
    STAP問題、理研調査委員長、辞任へ 自身の論文データに疑義[4/25]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398387343/
    no title
    ※画像は4月9日の会見のもの


    『【理研】調査委員の論文にも疑問が 理研のSTAP問題』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.