ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    生産

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/11/04(火) 20:35:51.01 ID:???.net

    no title

     創業者、竹鶴政孝をモデルにしたNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」人気の影響という。もともとはライバルのサントリー酒類が仕掛けたハイボールブームで火が付いたウイスキー人気。今度はニッカが主人公となり、ウイスキー市場全体を広げている。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1415100951/

    『「ドラマ『マッサン』人気が影響!?」ニッカ、生産追いつかず』の続きを読む

    full777x-1
    ▲ボーイング777-9X (イメージ)

    1: 幽斎 ★ 2014/06/13(金) 00:31:23.48 ID:???.net
    米ボーイング社:日本企業が21%担当 次世代大型旅客機
    毎日新聞 2014年06月12日 21時25分
    http://mainichi.jp/select/news/20140613k0000m020067000c.html

     米航空機大手ボーイングは12日、開発中の次世代大型旅客機「777X」の開発・
    生産に、
    三菱重工業や川崎重工業、富士重工業など日本の5社が参画することで合意
    したと発表した。5社は21%を分担する。


     5社はほかに新明和工業と日本飛行機。胴体部や圧力隔壁、貨物扉などの製造を受け
    持つ。21%は現行の777と同じ比率だが、
    777Xは機体が一回り大きくなるため
    製造規模は拡大する。


     東京都内で調印式に出席した三菱重工の鯨井洋一副社長は部品製造のために広島製作所
    (広島市)を増強することを明らかにした。他社も設備投資を検討する。

    Boing 777X Airplane - Boing
    定価$349.8 millionだそうです...
    no title
    ▲ボーイング777-8Xと777-9X 翼が長いのが特徴(イメージ)

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1402587083/

    『【企業】ボーイング社の次世代大型旅客機「777X」、日本企業5社が参画で合意』の続きを読む

    1: ◆10.9/2taLY 2014/04/22(火)23:56:29 ID:U0yqYWGZC
    日清食品は22日、今月14日に発売したカップ麺「トムヤムクンヌードル」の販売を
    一時停止すると発表した。
    販売が同社の予想の2倍程度に上り、生産が追いつかなくなったという。
    トムヤムクンヌードルは、タイの現地法人と協力し、魚介類のスープにココナツミルクを
    加えるなど本場の味わいを再現。希望小売価格は170円(税別)で、全国で販売されていた。
    同社は「十分な供給体制を確保した上で、早期に再開したい」としている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-00000128-mai-bus_all
    no title


    『【経済】<日清食品>トムヤムクンヌードル、売れ過ぎで販売一時停止』の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2014/04/17(木)12:55:58 ID:mK1AFkAt7
    ホンダは4月15日までに、2015年の発売を計画している軽自動車スポーツカーの
    『S660』の生産を、子会社の八千代工業・四日市製作所で行うことを決めた。
    生産数量などは未定。

    http://response.jp/article/2014/04/16/221359.html

    ホンダ S660(東京モーターショー13)
    no title


    『ホンダ、軽のS660は八千代工業で生産』の続きを読む

    1: ◆inBhY9Zy5M 2014/04/15(火)11:47:08 ID:qE9JSIYHc
     【4月15日 AFP】国連食糧農業機関(Food and Agriculture Organization、FAO)は
    14日、年間50億ドル(約5000億円)規模とされる世界のバナナ生産が、アジアから
    アフリカ・中東へと拡大している病気によって「甚大な被害」を受ける恐れがあると
    警告した。

     FAOによると、既に東南アジアで数万ヘクタールに被害を及ぼしている
    「パナマ病TR4」が、ヨルダンとモザンビークでも確認された。
    この病気は世界で最も発展が遅れている国々にとって4番目に重要な食用作物であり、
    貧しい農家にとって主要な収入源となっているバナナの「生産と輸出に深刻な脅威を
    与える」ものだという。

    「キャベンディッシュ種をパナマ病に耐性のある種に早急に代替するべきだが、
    これには数年かかる」としている。

     パナマ病TR4は、世界のバナナ生産で最も一般的で生産量の47%を占める
    キャベンディッシュ(Cavendish)種に特に大きな被害を与える。
    対応策としてはこの病気に冒されたバナナを切り倒してバナナの株と株の間に
    溝を掘り、厳密に隔離して病気の拡大を防ぐしかない。

    (記事抜粋、詳細はソースにて)

    ※イメージ       
    no title

    引用元:http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397530028/

    『【国際】世界のバナナ生産に「甚大な被害」の恐れ、パナマ病が拡大』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.