160606054010_2(1)


複数の路地が交差したホーチミン市の住宅密集地を訪れると、数字がずらりと並んだ番地表示板が目に飛び込んで来る。

こうした路地の中の家を訪ねる場合、自分の力で目的地を探すのは至難の業で、表通りから訪問先に電話をかけて、迎えに来てもらうしかない。自宅の番地を覚えることができない住民も少なくない。
『「数字の羅列!?」ホーチミン…長すぎる住所に住民も当局もお手上げ』の続きを読む