1: 名無しさん 2014/04/03(木)14:24:09 ID:NCU1VH2Cr
<宇宙発電>無線送電技術進み 30年代後半、実用化目標
毎日新聞社 2014年4月3日 13時23分 (2014年4月3日 13時48分 更新)

宇宙空間に巨大な太陽光パネルを広げ、天候に左右されず24時間地上へ
電気を送る「宇宙太陽光発電」。
SFチックな夢物語かと思いきや、新しいエネルギー基本計画の政府原案で
重点課題に挙げられ、核になる無線送電技術の合同実演会が初めて開かれるなど、
にわかに活気づいている。
目標とされる2030年代後半の実現はなるか。【山田大輔】

Mainichi_20140403k0000e020235000c_1

「オオッ……」。縦横1メートルほどの送電アンテナから約10メートルを
隔てた日本地図の電飾が明滅し、
四角いロボットが走り出すと、どよめきが起こった。
京都大宇治キャンパスの実験棟で3月に開かれた実演会。
アンテナは首を振らなくても狙った方向に電気を飛ばせる。
三菱電機がレーダー開発で培った「フェーズドアレイ」の技術だ。
「宇宙から東北へ、九州へと電気が足りない地域に自在に送れるようになる。

『【科学】 宇宙空間に巨大な太陽光パネル「宇宙発電」無線送電技術進み 30年代後半、実用化目標』の続きを読む