dly1510160035-f1

来年のNHK大河ドラマ「真田丸」の放送開始を前に、南海電鉄(本社・大阪市)は11月1日、和歌山県九度山町で雌伏のときを過ごした真田幸村の甲冑をモチーフにした「真田赤備え列車」の運行を、町内を走る高野線で開始する。運行期間は約1年を予定している。

『「六文銭が心強い!?」真田赤備え列車…幸村の甲冑をモチーフ 南海電鉄』の続きを読む