AS20160323003704_comm(1)

北海道の知床半島周辺で23日、第1管区海上保安本部の航空機による流氷調査があり、半島の北約30キロのオホーツク海で巨大な流氷の渦模様(流氷渦)を観測した。

「流氷の大回転」とも呼ばれ、航空機や人工衛星からしか確認が難しい自然の造形美だ。
『「壮大な自然の造形美!?」流氷の大回転…知床沖で直径30キロの渦観測』の続きを読む