20161006-00010015-minyu-000-view


2016年10月5日、福島大共生システム理工学類の野毛宏特任教授は、自身の研究チームが厚さ53ミクロンの太陽電池の開発に成功したと発表した。新聞紙(約60ミクロン)よりも薄くなったことで、太陽電池が安価になること、パネルの重量が軽くなること、曲げて使うことができるといったことが期待できる。
『「インクジェット印刷で!?」新聞紙より薄い曲げられる太陽電池を作製』の続きを読む