no title

1: 快便100面相◆tTmPcUasmA 2014/05/23(金)14:04:28 ID:nj73yMZTP
 若者のバイク離れを食い止めようと、二輪車業界が本腰を入れ始めた。
新車購入者の平均年齢が50歳を超え、業界には「このままでは尻すぼみ」
との危機感が強い。免許取得の簡素化や危険なイメージの払拭(ふっしょく)
で、ライダーの若返りを目指す。

(中略)

二輪が若者の代名詞だった1980年代初頭、国内販売は300万台を超えていた。
しかし、事故や暴走族が社会問題になるにつれて各地の教育委員会やPTAが二輪に
乗らない、持たない、免許を取らないの「3ない運動」を展開。
通学需要が激減した。ヤマハ発動機の世古俊晴渉外担当部長は「高校時代に免許を取ら
ないことで二輪に触れるチャンスが大幅に減った」と指摘する。

(詳しくはソースをご確認下さい)
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASG5J5CRJG5JULFA01Y.html


『【二輪】バイク離れに業界本腰 免許簡素化、イメージ払拭訴え』の続きを読む