ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    粘性

    1: それなり◆XonGXAywZYD. 2014/04/28(月)01:16:32 ID:qG5ukG07e
    ピッチドロップ実験という実験をご存じだろうか?
    別名、世界最長の実験、はたまた最も気の長い実験。その内容は、ただひたすら
    「ある物体」だ滴り落ちるのを見るだけ。ーーただし、一滴落ちるのに、約10年かかるのだ。
    「ある物」とはピッチといい、非常に粘性が高く、
    一見すると
    個体に見える。しかしれっきとした液体であって、
    液体であれば
    したたり落ちるはずだ…なら実験で証明するまで!
    そう考えた科学者が実験を始めたのが何と今から87年前の1927年。
    もちろん実験を始めた教授は生きていない。
    何度か代替わりをしながら、ずっとずっと続けてきたのだ。
    科学者根性恐るべし。

    しかしこの実験、
    ピッチが一滴落ちるのにおよそ10年ほどかかる
    ため、
    流石にドモホルンリンクルを作る人のようには行かず、
    これまでピッチが滴った瞬間を見た人は1人もいない。
    今まで8滴落ちていたが、それはあくまで「結果として落ちていた状態」を観察しただけで、
    「落ちる瞬間」を観察せねば実験は完結しないのだ!

    そして、ついに9滴目が落ちそうだ!ということでニュースになったのが4月18日。
    そのときのスレがこれ。

    【国際】84年続く史上最も長く時間がかかる実験、久しぶりに動きあり[04/22]

    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398167701/
    今か今かと準備万端待ちかまえていたのだが…。
    何と、4月24日に装置の下にある、ピッチを受け止めるためのビーカーを交換しようと
    したところ…ブチッとな。

    台が揺れて垂れ下がっていたピッチがちぎれてしまったのだ!
    研究機関大ショック。ていうかこのタイミングでなぜやったんだYo!(;´Д`)
    だいぶビーカーの中身がたまってきて、今後の実験を継続するのに必要になったため、
    とは言うが、タイミング嫁と全世界から突っ込みが入ったことだろう。

    これに対し、実験を行っているクイーンズランド大学は
    『実験は刺激的な新時代へ突入した』
    という、開き直りだかやけっぱちだかよく分からないコメントを発表しているそうな。
    ちなみに、装置に入っているピッチの量からすると、あと100年は軽く実験できるそうです。

    …詰めすぎ(;´Д`)


    さてこれからどうなることやら。

    気の長い科学者の熱意は果てることを知りません。

    ピッチドロップ実験 - Wikipediaに詳しく出てますよー。

    no title
    ▲当時の管理者ジョン・メインストーン教授。(wikiより)

    既にねとらぼがニュースにしていましたが、おーぷん2chを何かと目の敵に
    してくるので、
    資料とか調べて勝手にスレ立てました。
    ネタを提供してくれた依頼スレの名無しさんに感謝。

    Twitter@opensorenari

    スマホからにつき、誤字脱字はご勘弁を…


    『【化学】世界最長87年続くの実験が失敗?「ピッチドロップ実験」の9滴目、ビーカー交換したらちぎれる』の続きを読む

    1: ぱぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/22(火)20:55:01 ID:325ewXk3q
    年代を超え、世代を繋ぎ、うけつがれていく実験。

    実験が始まったのは1930年。今でも続いているので、84年もかけて行なわれている実験
    ということです。そんな長期にわたる実験なんてどんだけ大層なものかと思いきや、
    実験内容はただ待つのみ。特に何かするわけでも、何が起きるわけでもなく、ひたすら
    待ち続ける。これが実験。忍耐力が何よりも鍵となります。

    なんの研究かというと、水の2300億倍もの粘着性がある物質が垂れて落ちるのをただ見る
    というもの。なんせものすごい粘り気なので、1滴落ちるのも相当な時間がかかります。
    実験開始から84年間で今まで落ちたのはたったの8滴。今回落ちたのが13年ぶり9滴目と
    なりました。

    no title

    〈中略〉

    これだけ長い研究ですから、時にその動きを見届けられないこともあるもので。
    オーストラリアのブリスベンにあるクイーンズランド大学で研究担当だった
    John Mainstone教授は、この9滴目を見ることなく昨年他界されてしまいました。
    無念なことに、彼が担当中におきた5滴の落下も彼は見逃してしまっていたのです。
    長年研究に携わりながら、とうとう1滴も落下も見ることは叶わなかった、これは
    本当に無念でしょうね。

    ちなみに、この研究を開始したThomas Parnell教授は、最初の3滴を見ることが
    できたそうです。

    〈以下略〉

    ソース
    http://yukan-news.ameba.jp/20140421-203/
    『【科学】84年続く史上最も長く時間がかかる実験、久しぶりに動きあり』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.