eye_surgery_head(1)

将来はロボットを使った目の遺伝子治療も視野、英オックスフォード大学

世界初の手術ロボットによる目の内部の手術が英国で行われ、網膜疾患で右目の中央の視野が欠けていた70歳の患者が視力を取り戻した。オックスフォード大学のロバート・マクラーレン教授らが同大付属のジョン・ラドクリフ病院で実施したもの。 【動画あり】
『「遠隔操作で網膜手術!?」世界初…手術ロボットで目の内部を手術 英国』の続きを読む