ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    繊維


    6615369097_6cb4445563_z

    ニューヨーク(CNNMoney) お気に入りのTシャツやジーンズをうっかり破ってしまっても、繊維が自己修復されて元通りの状態に戻る――。米ペンシルベニア州立大学の研究チームがそんな衣類の実現につながる液体を開発した。
    『「破れた衣類も自己修復!?」破れても数滴垂らしてお湯に浸すと元通り』の続きを読む


    2917757285_cfecffea53_z
    by kygp

    消えゆく洗濯機

    掃除機、冷蔵庫、コーヒーマシン、などなど家庭用電気製品も数あれど、近い将来、もはや不必要になるのでは?と科学者たちが予想しているもののひとつが、洗濯機なのだそうだ。

    しかしいったい、なぜなのだろう? 洋服やインテリア、そして寝具などに使われているごく普通の繊維は、水ではなく光によって洗浄されるようになるだろう、という大胆な予想がなされているからなのだ。
    『「服は洗わない時代に!?」未来の繊維…光を当てるだけで汚れが落ちる』の続きを読む


    no title

    3Dプリンターのキラーアプリに?

    カーネギーメロン大学のHuman-Computer Interaction研究所が、3Dプリンターで人間の髪の毛そっくりな繊維を作る手法を編み出しました。安い人形みたいなきしきしのやつじゃなく、長くてふさふさした美しい髪の毛ができるんです。

    でも3Dプリンターって固いプラスチックのものばかり作ってるイメージなんですが、どうしたらこんな長くてふわふわしたものを作れるんでしょうか?【動画あり】
    『「救世主となるか!?」3Dプリンターで髪の毛のような繊維を作成…米研究』の続きを読む


    no title

    米国独立宣言の草稿を記した紙は、大麻でできていた。自動車メーカー、フォードの創業者ヘンリー・フォードは、大麻を使ったプラスチックで車体を造った。米国初代大統領ジョージ・ワシントンは、大麻を栽培していた。

    大麻は実にさまざまな目的で使われてきた。栽培を認可される農家が増えている今、次なるブームは、住宅用の建材としての利用かもしれない。
    『「ごきげんな建築素材!?」規制緩和…“大麻ハウス”米国で注目、課題も』の続きを読む


    no title

    クモの糸は「地球上にある最強の素材」と言われてきた。軽い上に強度は鉄の四倍、防弾チョッキに使われる繊維の六倍-。もしクモの糸を鉛筆ほどの太さに束ね、その糸で巨大なクモの巣を張れば「飛んでいるジャンボ機を止められる」との試算もあるほどだ。

    「人がクモの糸をつくることができたら…」

    これまで多くの研究者が実用化に挑んでは失敗してきたが二〇一五年、本格的な量産に向けて日本のベンチャー企業が第一歩を踏み出す。山形県鶴岡市の「スパイバー」が今月中に、年二十トンのクモの糸を人工的に生産する工場を稼働させる予定だ。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1421015956/
    1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/01/12(月) 07:39:16.88 ID:???.net

    『「クモの糸を量産!?」超最強だけど快適素材…2015年量産体制へ』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.