ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    美術館


    12040932_54f99c30a0_o(1)
    (イメージ)
    アメリカ・ロサンゼルスの美術館で、観客の女性が展示された作品の前で携帯電話を使って自撮りをしようとしたところ、バランスを崩して倒れ込み、作品が置かれた台座が次々に倒れて、美術館側は、複数の作品が破損し被害総額は2200万円以上に上るとしています。 【動画あり】
    『「ハイ、チーぎゃーーぁ!?」米美術館…自撮り中に転倒、作品が次々に』の続きを読む


    kveus7362s


    【AFP】米ニューヨーク(New York)のグッゲンハイム美術館(Guggenheim Museum)に展示されている、実際に使用可能な純金製の便器が、16日から一般の来場客の利用が開放される。
    『「ニューヨークに金無垢の便器!?」NYの美術館に展示…実際に使用可能』の続きを読む


    no title

    イタリア北部ボルツァーノの美術館で、シャンパンの空瓶や使い終わったクラッカーなどを使った芸術作品を展示したところ、清掃員が展示品をごみと間違えて処分する出来事があった。

    この美術展は「今夜はどこにダンスに行こうか」と題され、1980年代の消費主義や金融投機、マスメディア、パーティーなどの雰囲気を想起させるコンセプトで開かれていた。
    『「派手に散らかしやがって!?」清掃員…芸術作品をゴミと間違えて処分』の続きを読む


    no title

    2015年7月8日、環球時報(電子版)によると、米ボストン美術館に展示されている印象派の巨匠、クロード・モネの油彩画「ラ・ジャポネーズ(着物をまとうカミーユ・モネ)」をテーマに、来場者が和服を着て絵と一緒に写真を撮るイベントが一部の批判を受けて中止された。 【追記あり】
    『「“帝国主義”批判で中止!?」ボストン美術館…モネと和服体験イベント』の続きを読む


    16709111835_584ca02855_z

    【パリAFP=時事】世界各国から観光客が集まるフランスの美術館で、スマートフォンなどに取り付けて自分の写真を撮る「自撮り棒」の使用を禁止する動きが広がっている。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1425770826/
    1: のり弁当大盛り ★ 2015/03/08(日) 08:27:06.05 ID:???.net

    『「広がる“自撮り棒”禁止!?」賛否両論…各地で持ち込み禁止の流れ』の続きを読む

    1: キャプテンシステムρφ ★ 2014/03/20(木) 09:28:44.52 ID:???
    ミラノの美術館で「自画撮り」しようと石像に上った学生が、
    誤って足の部分を破壊してしまうという事件が起こりました。

    幸いな事に、この石像は紀元前2世紀ごろの石像のレプリカでした。
    ただし19世紀に製作されたもので、貴重なものであったのは変わりないとのこと。

    監視カメラは石像の足の部分に座ろうとする学生、そして粉々に砕け散る様子が記録されていました。
    犯人の学生はそのまま逮捕されたとの事です。

    学生の名前は公表されておらず、またSNS上でも無謀な自画撮りの形跡は無かったそうです。

    壊された「酔ったサテュロス」
    no title

    no title


    http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/drunken-satyr-clumsy-student-shatters-3259377

    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1395275324/ 『【イタリア】まさに無謀…自画撮りしようとした学生、美術館の石像に上って”破壊”[3/20]』の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/11(火) 18:33:48.70 ID:???0
    ★ナポレオンの椅子が破損、誘惑に負けた仏美術館員が座る
    2014年02月11日 10:50

    フランス皇帝ナポレオン・ボナパルトが座っていた200年前の折り畳み椅子を展示していた
    フランスの美術館で、その椅子に座ってみたいという誘惑にあらがえなかった館員が苦境に
    立たされている。

    映画監督のディレクターズチェアに似た赤い革張りの椅子は、仏皇帝が数々の遠征時に使用
    したもの。ナポレオンの出身地、仏コルシカ島アジャクシオにある美術館の関係者は10日、
    この椅子の表面の革と木製の構造部が破損したことを認めた。

    椅子が破損したのは6日だったが公表されず、グルノーブルから急きょやってきた修復専門家を
    追っていた複数の地元紙が暴露した。

    同美術館の学芸員によると、椅子はかなり良く修復されたが、見栄えは以前より劣るという。
    問題の館員は懲戒委員会にかけられる。

    椅子は、同美術館が13日から3か月間の予定で開催する企画展の展示物の1つ。
    ナポレオンが使用した家具や遠征の際に使用した現存する最後のテントが展示される。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3008222
    no title
    ↑こっち×

    ↓こっち○ 
    no title

    『【海外】ナポレオンの椅子が破損、誘惑に負けた仏美術館員が座る』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.