A087-img001(1)
▲メガソーラー大牟田発電所
 
九州電力が今春、太陽光発電の稼働を止める「出力抑制」を九州本土で指示する可能性があることが分かった。

太陽光発電の急増を受け、天候が比較的良く電気の使用量が少ない春と秋に、需給バランスが崩れて広域的停電が起きないようにするのが狙い。
『「“出力抑制”指示へ!?」九電…停電懸念で太陽光の一時停止の可能性も』の続きを読む